Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/169

このページは校正済みです


     大年の夜盜にあひて

    梅干に通ふ鶯哀れなり

     畫賛

    ゆく年や汝が親の小松賣

年の暮

    くれて餠を谺の詫寢哉

    忘れ草菜飯に摘まん年の暮

    分別の底たゝきけり年の暮

     こゝに草鞋をときかしこに筇を捨てゝ旅寢ながらに年の暮れければ