Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/162

このページは校正済みです


    蝶も來て酢を吸ふ菊の鱠哉

     園女亭にて

    白菊の目に立てゝ見る塵もなし

     八丁堀にて

    菊の花咲くや石屋の石の間

     堅田禪瑞寺にて

    朝茶のむ僧靜かなり菊のはな

    山束の五荷三束や菊の花

     蓮池の主翁また菊を愛すきのふは龍山の宴を開きけふは其酒の