Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/158

このページは校正済みです


     高田醫師細川靑庵にて

    藥欄にいづれの花を草枕

    風妖けて芒に夜の雨凄し

     毒海長老我が草の戶にして身まかけりけるを葬りて

    何事も招き果てたる芒かな

    棧や命をからむ蔦かつら

    蔦の葉は昔めきたる紅葉哉

     閑人盧牧亭をとぶらひて

    蔦うゑて竹四五本の主哉