Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/156

このページは校正済みです


    門に入れば蘇鐵に蘭の匂ひ哉

     茶店にて

    蘭の香や蝶の翼にたきものす

     加賀の國に入る

    早稻の香や分け入る右は有磯海

    稻刈つて落付顏や小百姓

     人に稻を貰うて

    世の中は稻刈る頃か草の庵

落穗

    いたゞいて落穗拾はん關の前

唐辛

    大風のあしたも赤し唐辛