Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/154

このページは校正済みです


    白露もこぼさぬ萩のうねり哉

    ひとつ家に遊女も寐たり萩と月

     藤堂玄虎子が庭の半に作りしを見て

    風色やしどろに植ゑし庭の萩

    蕣の花になきゆく蚊の弱り

     和其角蓼螢句

    蕣に我れは飯くふ男かな

     當麻寺にて

    僧朝顏幾死かへる法の松

    朝顏やこれも亦我が友ならず