Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/15

このページは校正済みです


墅に移る

    草の戶も住みかはる世ぞ雛の家

    內裏雛人形天皇の御宇とかや

貝寄

    貝寄の風の手品や和歌の浦

順峰入

    峰入や一里をくるゝ小山伏

     對門人

田畑打

    栴檀も一鍬づゝの田打哉

    畠うつ音や嵐の櫻麻

     苔淸水にて

凍解

    凍解けて筆にくみほす淸水哉