Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/148

このページは校正済みです


    盆過ぎて宵闇くらし虫の聲

     草の戶細に住わびて秋の風の悲しげなる夕ぐれ友達の方へつかはしける

簑虫

    簑虫の音を聞きにこよ草の庵

     太田の神社にて

きり

    むざんやな兜の下のきり

    きりす普門品よむ右左

    白髮ぬく枕の下やきり

    しづかさや繪かゝる壁の蟋蟀