Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/147

このページは校正済みです


    刈跡や早稻がたの鴫の聲

稻雀

    稻雀茶の木畠や逃げ處

渡鳥

    目にかかる時や暫しの渡り鳥

    世渡りや渡りくらベて渡り鳥

歸燕

    ゆく燕また來る芽張る柳迄

    花に來て花野にかへる燕哉

     高瀨の漁火といふ題を得て

河鹿

    篝火に河鹿や浪の下むせび

    鮭馬のかげ見ん關の渡し舟

江趣

    江趣ありもやすらん不二の湖