Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/146

このページは校正済みです


     堅田にて

    病雁の夜寒に落ちて旅寐哉

    朝風や只白雲に雁一つ

     堅田落雁

    鳥の文堅田の雁よ片便宜

四十雀

    老の名のありとも知らで四十雀

椋鳥

    榎の實散るむくの羽音や朝嵐

    鷹の目の今や暮れぬと啼く鶉

     田莊酒家

    桐の木に鶉なくなる塀の中