Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/145

このページは校正済みです


    木曾の瘦もまだなほらぬに後の月

    もの知りの心問ひたしのちの月

落し水

    うき草やしかも山田の落し水

    くりからや三度起きも落し水

秋の野

    あきの野や草の中ゆく水の音

鹿

    ひいとなく尻聲悲し夜の鹿

    武藏野や一寸程な鹿の聲

    ひれふりて女鹿も寄るや男鹿山

    女夫鹿や毛に毛が揃うて毛六かし