Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/139

このページは校正済みです


     越の中山

    中山や越路の月は又命

    あすの月雨占はん比那が嶋

     燧山

    義仲の寢覺の山か月悲し

     伊勢國又玄が宅にとゞめられ侍るころ其妻の男の心にひとしく物每まめやかに見えければ旅の心を安くし侍りぬかの日向守の妻髮を切りて酒をまうけられし