Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/138

このページは校正済みです


     斜嶺亭戶を開けば西に山あり伊吹といふ花にもよらず雪にもよらずたゞこれ孤山の德あり

    其儘に月もたのまじ伊吹山

     長柄埋木の文臺の裏書に

    月の洩る昔の橋の板目哉

    川音や五條の橋の古びやう

     悼遠流天宥法師

    其魂を羽黑にかへせ法の月

    國々や八景更に氣比の月