Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/135

このページは校正済みです


    三井寺の門たゝかばやけふの月

    明月や湖水にうかぶ七小町

    待宵や松に音して初嵐

    初月や向ひに家のなきところ

     武藏守泰時仁愛を先とし政以去欲先とすとあり

    明月の出づるや五十一個條

    米吳るゝ友を今宵の月の客

    明月や鼻の先なる光明寺

     欹器の圖に題す