Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/134

このページは校正済みです


    汐やかぬ須磨よ此湖秋の月

    明月や兒達並ぶ堂の緣

     古寺翫月

    月見する座に美き顏もなし

     敦賀夜泊

    名月や北國日和定めなき

    名月や我家へ戾る門徒坊

    重々と名月の夜や茶臼山

    名月や鶴脛高き遠干潟

     義仲寺にて