Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/126

このページは校正済みです


    秋風に折れて悲き桑の杖

    やゝ秋風吹きとばせ松の村紅葉

     贈桃夭號

    桃の木の其葉散らすな秋の風

     那谷觀音にて

    石山の石より白し秋の風

     座右の銘

     人の短をいふこと勿れ

     己が長を說くこと勿れ

    物いへば唇寒し秋の風