Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/124

このページは校正済みです


    芭蕉野分して盥に雨を聞く夜哉

    猪もともに吹かるゝ野分かな

     粟津晴嵐

    さぞ野分人の粟立つ市の聲

     母の白髮を拜みて

秋の霜

    手にとらば消えん泪ぞあつき秋の霜

秋時雨

    きのふからちよつと秋の時雨かな

秋風

    秋風や桐にうごいて鳶の霜

    牛部屋に蚊の聲弱し秋の風

    秋風や伊勢の墓原尙凄し