Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/123

このページは校正済みです


    今日よりや書付消さん笠の露

    乳母草を誰結べとや朝の露

     とくの淸水にて

    露とくこゝろみにうき世すゝがばや

     畫讃

    西行の草鞋もかゝれ松の露

野分

    吹きとばす石は淺間の嵐哉

    穗芒に思ふまゝなる野分かな

    見處のあれや野分の後の菊

     茅舍の感