Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/121

このページは校正済みです


     本間主馬が宅に骸骨どもの笛鼓をかまへて能するところを畫きて舞臺の壁にかけたりまことに生前の戯などかこの遊びにことならんやかの髑髏を枕として夢うつゝをわかたざるものも只此生前を示さるゝもの也

    稻妻や顏のところか芒の穗

    露しくれ蜜柑の色にしみたらず

     如行が席上の饗應を制して