Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/119

このページは校正済みです


ければ

    草の戶や日暮れて暮れし菊の酒

伊勢御遷宮

    尊さに皆おし合ひぬ御遷宮

     くすし某の像に

藥掘

    村雨を背中に負うて柴胡掘

     住吉の市にて

升の市

    升買うて分別かはる月見哉

天の川

    水草も乘もの貸さん天の川

    荒海や佐渡に橫ふ天の川

稻妻

    稻妻や闇の方ゆく五位の聲