Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/118

このページは校正済みです


    聲澄みて北斗に響く砧哉

    鍼立や肩に槌うつ唐衣

     よし野にて

    砧うつて我にきかせよ坊が妻

     近江路を通るに日野山の邊にて胡麻といふものに上の衣をとられて

    はがれたる身には砧のひゞき哉

重陽

    盃の下ゆく菊や朽木盆

     九月九日乙州が一樽を携へ來り