Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/116

このページは校正済みです


     草菴

    稻の穗の露ばかりなる魂祭

    蓮池や折らで其儘魂祭

     木曾山の草菴墓所に近し

    魂祭けふも燒塲の煙哉

     舊里にかへりて盆會をいとなむ

    家は皆杖に白髮の墓參

     奈良の片脇の里にありて

    盂蘭盆や家の裏とふ墓參

     九岡天龍寺を出づる時金澤の北