Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/115

このページは校正済みです


の七種をもて題とす是につらなるもの七人此結緣にふれておの又七叟の齡にならはむ

    七株の萩の手本や星の秋

     骸骨の繪に

    夕風や盆提灯も糊ばなれ

     尼壽貞が身まかりけるときゝて

    數ならぬ身とな思ひそ魂祭

     加賀の國を過ぐるとて

    熊坂がゆかりやいつの魂祭