Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/113

このページは校正済みです


     あるじは夜遊ぶことを好みて朝寐せらるゝ人なり宵寐はいやしく朝起はせはし

    面白き秋の朝寐や亭主振

    夜步行にから櫓の音や浦の秋

     信濃なる坂木の橫吹といふところにて乞食のいねたるを見て

    起きな起きば浮世の秋を見ん

七夕

    七夕の逢はぬ心や雨中天

    七夕や秋を定むるはじめの夜