Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/112

このページは校正済みです


    この松の實生せし世や神の秋

     兼好讃

    秋の色糖味噌壺もなかりけり

    胡蝶にもならで秋經る菜虫哉

    とめる氣と見えて秋から巨燵哉

     種の濱に遊ぶ

    淋しさや須磨に勝ちたる濱の秋

    後家の秋ものゝ哀をとゞめたり

     小名木澤

    秋にそひてゆかばや末は小松川