Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/11

このページは校正済みです


    あらがねの蕪召されて若菜哉

子の日

    子の日しに都にゆかん友もがな

春寒

    春寒や垣根にのこる雪こかし

     杉風夢想

二月

    捧げたり二月中旬初茄子

     神路山を出るとて西行の泪を慕ひ增賀の信を悲む

    裸にはまだ如月の嵐かな

    唐崎の松は花より朧にて

    あれこれを集めて春は朧かな