Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/109

このページは校正済みです


    見送りのうしろや淋し秋の暮

     雲竹の像

    こちら向け我も淋しき秋の暮

    松杉の尾の上の鐘や秋の暮

     六介六兵衞の人々に芭蕉菴をとぶらはれて古鄕の安否を聞く

    幾千里隔つ思ひや秋の暮

ゆく秋

    行く秋や手を廣げたる栗の毬

    蛤の二見に別れゆく秋ぞ

    ゆく秋や身にひきまとふ三布蒲團