Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/107

このページは校正済みです


二百十日

    旅烏二百十日も船支度

     野ざらし紀行

身に沁

    野ざらしを心に風の沁む身哉

肌寒

    溫泉の名殘今宵は肌の寒からん

     兼好の賛

秋の夜

    秋の夜をうしろにしたる法師哉

     車庸亭

    秋の夜をうち崩したる噺哉

秋の暮

    秋の暮客か亭主か中柱

    人聲やこの道かへる秋の暮