Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/106

このページは校正済みです


    秋來ぬと妻戀ふ星や鹿の革

文月

    文月や六日も常の夜には似ず

     幻住庵

    旅くせや寢冷煩ふ秋の山

    ひやと壁をふまひて晝寢哉

     ある草庵にいざなはれて

秋凉

    秋凉し手每にむけや瓜茄子

夜寒

    乳麵の下焚きつくる夜寒哉

八朔

    八朔や天の橋立たばね熨斗

     嵐雪が四國へ渡る時