Page:Basho Haiku Zenshu.djvu/105

このページは校正済みです


初秋

    初秋やたゝみながらの蚊帳の𧝒

     鳴海眺望

    初秋や海も靑田の一みどり

   或は初秋は海やら田やら綠かな

立秋

    張ぬきの猫も知るべし今朝の秋

    秋來にけり耳を尋ねて透間風

    汗拭を下女にとらせけり今朝の秋

    夕顏やかいまはる程秋は來ぬ