Page:Abraham Lincoln by CHOATE(JP).djvu/86

このページは校正済みです


こと能はざる程高き處に捧げたり。我等が今こゝに言ふ所は、聞ゆること狹くして傳はること或は短からん。されど諸公の此の地に爲せし所は、天地と共に悠久也。此の時に當りて、我等の爲すべきは、寧ろ我等の一身を捧げて、諸公が未完の事業を遂ぐるに在り。諸公が戰死の無意義にあらざるを證せんが爲に、上帝治下の此の國民の更に自由の新誕生を得たるを證せんが爲に、人民の爲に人民の建てたる人民の政府の永久地上に消滅することなきを證せんが爲に、我等は寧ろ我等の一身を捧げて諸公が未完の事業を遂げざるベからず。』

 彼は彼の事業が米國人民の大多數によりて承認せられ