Page:Abraham Lincoln by CHOATE(JP).djvu/80

このページは校正済みです


は稍〻弱き者なれども遂には一大國民たること、是れ南部の運命也。ジヤファソン・デーヴィス及び其の他の南部の領袖は、已に一大國を形成せるものにして、北部の所謂共和政治の實驗は、見事失敗に歸して、聯邦政治の到底不成立なるを證せる也。されば政府は此の戰に於て勝算あるものにあらず、分離を目的とせる南部の成功は、毫も疑あるべからず。北部縱令南部を壓して一時の成功を博することあるも、これ遂に米國全體の災害たり、世界の災害たり、併せて黑人種の災害たることを免れず。且つ南部人をして永久政府に北部を敵視せしめ、絕えず南部をして獨立運動を策せしむるに終るベし。――是れ實に當時歐洲人の試みたる推論なりき。