Page:Abraham Lincoln by CHOATE(JP).djvu/58

このページは校正済みです


砲臺、兵器、其の他政府所屬の一切の物を回復するは、當然大統領の職分なることを宣吿せり。此の時に當りて黨與も反對黨も、猶ほ未だ戰爭の不可避を信ずること能はざりき。されどサムナー塞の占領を見るに至りて、南部の戰意、南部の背叛は、明白となれり。北部の人心は爲に沸騰せり。米國全土の上に翻る星條旗の神聖を護るは此の時なりと叫ばれたり。當時リンコンが三ヶ月を限りて七万五千の義勇兵を召募せしを觀れば、此の戰の未來が、如何に無造作に看做されたるかは知るベきにあらずや。されど此の時以來、忠實なるリンコンの黨與は、初一念を貫徹せんとする意氣に於て、毫も渝る所あらざりき。彼等は勝利を知れり、勝利は彼等の義