Page:死霊解脱物語聞書.pdf/48

このページは校正済みです

の仰せども一〻にかたりつたへ。扨下しつかわされたる御小 袖をきせんとすれば。菊がいわく。あらもつたいなし何 とてか。ぐきやうじさまの御小袖を。我等がにもふれら れんといへば。けにもつともなりとて。後日に是をうちしきにぬい。ほうぞうじぶつてんにぞかけたりける。扨ゆうてんおしやうの御ふるぎ 其外人〻よりあたへられたるきるものをも、いろじたいせし がとも。かれこれとぬいなをし。さまはうべんしてこそきせ たりけれ。さてまた。弘經寺より。下されたるじきもつは申に およばず其外のしよくじをも一ゑんにくらわず。たま少も しよくせんとすればすなはちむねにみちふさがり。あるひは ひふをそんさす。惣じてこのれいびやううけし正月始のころより 三月中旬にいたるまて大かた水のたぐひのみにてく らせしかども。さのみつよくやせおとろへもせざりけれ ば。人〻是をふしんして問けるに。何とはしらず口中 にあぢはひ有て。外のしよくもつのそみなしといへば。扨はごくらくおんじきを。時〻しよくするにもやあらんとて。さながらじやうど よりけらいせる者かと。あやしみうやまひめぐむ事。かぎ りなし。

石佛かいげん之事

同三月十二日せきぶつすでに出來していゝぬまぐきやうじきやくてんにかきすゆればすなはちたうはうぢやうみやうよたんつうしやうにん 御出有。そのほか寺中のしよけ衆など。おもひにふ