隅田の春

     第一囘


三月二十日、けふぐんじたいゐたんていゑんせいかうを送るに、ねてこのさうとずゐかうしてそのけいきやうならびにちしまもやうくはしくさぐりて、せけんはうだうせんとてみづから進みて、せつらうばんちようほくやうしよくむためにものともせぬ、あさひしんぶんしやゐんよこかはゆうじしを送らんと、あさまだきおきいでて、かほあらも心せはしく車をいそがせてむかふじまへとむかふ、つねにはあらぬしちうにぎはひ、三々五々いさましげにかたふて、そのかたさしてあゆむ人はみなたいゐかうを送るの人なるべし、りやうごくばしにさしかゝりしは午前七時三十分、や橋のきたがはひとがきたちつどひ、かはかみはるかに見やりて、みどりかすむつくばの山も、たいゐが高きほまれにはけおされてなどくち/″\いふ、百ぽんぐひよりいしはらかし、車の輪もまはらぬほどこみあひたり、たいゐともろはんしじつけいなり、またこのかうちうわがしやゐんあれば、このいさましき人の出を見ては、他人の事と思はれず、わがみほまれうちわすれられてうれしくひとりゑみする心のうちには、このぐんしふの人々にイヤ御苦労さまなどいち/\あいさつもしたかりし、これによりておしおもふもたいゐいちぞくきんしんかた/″\はいかに、かんくわんまりて涙にむせばれしもあるべし、人をおしわくるやうにしてからく車をむかふじままでやりしが、ちやうめいじより四五けんこなたにてすゝむひくもならず、他の時なればうるさきこんざつやと人をいとおこるべきに、ただうれしくてこらへられず、車をりて人のすまゝに押されて、ことゝひだんごの前まではきしが、まちあはす社員友人のいづこにあるや知られず、つゝがなくうまいでしといふやうにことゝひの前の人の山をくぐいでて見れば、うれしや、こゝふくをかろうといふにあさひしんぶんしやゐんきうそくじよふだあり、ごくらくごせんぞがたおめかゝつたほどよろこびてろうのぼれば、しやゐんみちみちていづれもがうけつぜんたり、ときにあたれば気は引ひきたつものなり、げんきてんしやうころなれば一国一城のぬしとなるてがらかたからぬが、きしつゝみまつくろたちつゞけし人もがうけつぜんたり、はいよ/\うれしくてたまらず、かわづらは水も見えぬまで、ボートそのたふねならびてこぎひらき、まはありさまびやうぶに見たるやしまだんうらかつせんて勇ましゝ、たいゐだいはくしゆだいかつさいあひだに、ふねよりふねわたりて、そのしゆくいをうけらるゝは、そのかみげんていゐえんぜんなり、にくうごきてよこかわしともちしまかばやとまでくるひたり、ふねたいゐばんざいくわんこのうちにいかりげて、このていとを去りてぜつかいむじんたうをさして去りぬ、さかんなるさまを目撃したるすうまんの人、めい/\が思ふこと/″\につき、いかにこうふんかんきしたる、ことにせうさうの人のづなうには、このひこのちこのありさまながべうしやとゞまりて、こうねんいかなるたいげふたねとやならん、つどへる人を見ていつしゆたのもしきこゝちおこりたり、このいつかうこののちせうそくしやゐんよこかはしが通信にくはしければ、読みてたいゐさうかうわれともにするの感あり、このひよりのちことにして、このひたゞひとりうれしくて、ボンヤリとなり、社員にもせず、ブラ/\とおもしろき空想をつれにしてどてきたがしらひざくりげあゆませながら、みおくはててドヤ/\と帰る人々がたいゐとしいくつならんの、いづこしゆつしやうならんの、あるひボートことちしまことなどうはさしあへるを耳にしては、それあれかうと話してきかせたく鼻はうごめきぬ、ステツキにて足をかれしそのひとにまで、こなたよりゑみを作りてゑしやくしたり、いづくとさしてあゆみたるにあらず、あしのとまるところにてふとこゝろづけばそこよだがくかいせんせいべつさうなり、こゝにてまたべつまうさうきおこりぬ。


     第二囘


おもへばよとせの昔なりけり、なんすゐしともがくかいせんせいべつさうをおとづれ、朝よりゆふまでなにくれとかたらひたることありけり、そのときせんせいしめさる。

庚寅一月二十二日、喜篁村南翠二君見過墨水弊荘、篁村君文思敏澹、世称為西鶴再生、而余素愛曲亭才学、故前聯及之、

巨細相兼不並侵、審論始識適幽襟、鶴翁才気元天性、琴叟文章見苦心、戯譃諷人豈云浅、悲歌寓意一何深、梅花香底伝佳話、只少黄昏春月臨

まことにこのときうららかにかぜやはらかくうめの花、のきかんばしくうぐひすの声いと楽しげなるに、しつへだてゝきならすつまおと、いにしへの物語ぶみ、そのまゝのおもむきありて身も心もきよおぼえたり、の帰るさ、またもとのぞくこつにかへり、われも詩を作ることを知りたるならば、へたながらもわゐんと出かけて、先生をおどろかしたらんものをとまけだましひ、人うらやみ、できことをコヂつけたがるもちまへだうらくおこりて、そのよししふなどいだして読みしは、われながらとめどころのなきうつりぎや、それそのよの夢だけにて、よくあさはまたほかのことこゝろうつりて、わすれてとしつきたりしが、うめの花のくを見てはまいとしこのひくわいみやびなりしをおもして、詩を作らう、詩を作らう、わゐんに人をおどろかしたいものともだへしが、いつしんつてはふしぎかんおうもあるものにて、きんじつとつぜんとしての一たり、

往年同須藤南翠、訪依田学海君濹上村荘、酒間、君賦一律見贈、今巳四年矣、昨雨窓無聊偶念及之、即和韻一律、録以供一笑之資云、

村荘不見一塵侵、最好清談披素襟、游戯文章猶寓意、吟嘲花月豈無心、新声北部才情婉、往事南朝感慨深、我亦多年同臭味、待君載筆屡相臨、

ナントおつでかしたではござらぬか、このしくわいちうしたれば、もんたゝいておどろかしまをさんかとは思ひしが、むちうかんとくなれば、いつどこにても、またやらかすとわけにはかず、コレハ/\よく作られたとしやうやうばん、そのあとしんしいちりつまたおくられては、ふたゝび胸に山をきづく、こゝはおほきかんがへもの、まのあたさゝげずに遠くしじやうふいちやうせば、先生ひげにぎりながら、フムと感心のコナシありて、このこなか/\話せるワエとたちましせんりうだはしり、いうびんばこきんぎよくひゞきあることになるとも、われまたそのよおもひねわゐんの一をすら/\とかんとくして、先生のみかよのひとおどろかすもやすかるべしと、もんぐわいちうちよしてつひにらず、みちひきかへて百くわゑんへとおもむきぬ、しんうめやしきくわゑんは梅のさかりなり、ごたいさいびなればぐんしふそのはずことながら、これはまたかくべつにぎはひ、ぐんじたいゐさうかうをまのあたり見て、子やまごかたりてをしへぐさにせんと、さうべつほかいうじんも多くして、かへさはつゑこゝきしもすくなからで、またいちばいにぎはひはありしならん、一にんこゝろざしをたてこくかためそのみをいたせば、まんとひとな動かされて梅の花さへよえいたり、人は世にひゞわたるほどのよきことしたきものなり、人は世にかうえきあたふるたいじんくんしむかひては、直接の関係はなくとも、く間接のかんくわをうくるものなれば、尊敬の意をうしなふまじきものなりなど、花は見ずしてうつむきながら庭をめぐるに、はなぞのひらきて、人の心をたのしますゑんしゆくどく、わづかのちやだいらるゝものならず、このゑんはそもいかにしてだれが開きしぞ。


     第三囘


うめやしきは文化九年の春よりきくうが開きしなり、百くわゑん菊塢のでんせいふうろしゆじん、さきにこくみんのともくはしくいだされたれば、たれびとも知りたらんが、ちかごろあるしんぶんきくうむがくなりしゆゑ、しぶつぼうさいしぶんにてなぶりものにされたりといふことえたるが、もとよりきくうせさいにはたけたれどがくもんはなし、しぶつぼうさいしよくさんまがほかげはるみそのころもんじんたいこはんぶんなぶり者にせられしにはさうゐなし、しかしよめいかきくうむしゆうぎとりまきどうやうにするあひだに、きくうはまたしよめいかむしやぎにてしえきせしなり、もんじんといふものはいつの世にてもわがまゝかうまんぜにつかはぬくせに、おほづらで悪くえこぢで、自分ばかりがものしりがるものなり、きくうおうしうよりボツト出て、さかひてうしばゐぢややいづみやかんらうかためしたきとなり、きてんくより店のわかいしゆとなり、きやくさきばんづけくばりにも、きやうげんのあらましをおもしろさうに話して、だん/\とりいり、やくしやおもてかたの気にも入り、見やうきゝまねほつくきやうかなどくちはやそくきようにものするに、ちややわかいものにはめづらしいやつと、五代目はくゑんひいきにされ、はくゑんよくわうはういつふはくなどのもとへもたちいるやうになり、かうちやいけばなまで器用であはせ、つひこのひとたちのひきたてにてちやだうぐやとまでなり、くちまへしよけかあいがられ、四十年来のえつれきもんじんたちきふうのみこみたれば、たゞしよめいかごきうそくじよを作り、ごほうびにはうめぽんづゝうゑくだされと、かねひれついでざるめいあんうめぽんきふぬしが、おしようどうだナなどふちでもしてくやうにはゞかせて、茶ののみたふしを、コレハ先生よくこそごらいりんさいはかたよりたうらいめいしゆ、これも先生に口をきついただくは、せいしうじゆうじかうざうくわなどゝきゝかぢりと、わざと知らせてばかがらせてよろこばせれば、おほづらせんせいよこひらたく、そのつらまはし、きくうをかしやつだ、今度の会はあすこもよほしてやらうとありがたくないごたくせん、これがしよはうひきふだとなり、もんじんたちひきつけで、しよこうがたまでおいでになり、わづかのうちにしんうめやしきの名、えどぢうに知られ、それのみならずせんせい/\たてこがしに、なゝくさかうみやこどりかうのと人に作らせて、わがなにて出版せしゆゑ、知らぬものは真のぶんがとおもひ、とひよるさへも多ければ、たちましよこくにもそのの名をかほらせ、えだはさかえ、それのみか、ねがためいゑんのこしてねん/\はんじやう、なみ/\のちゑなまさいがくにてちやうえいふきうけいくわくのなるべきや、気を取りにくきもんじんの気をよく取りてみなわがようとなしたるは、多くがたきさいぶつなり、もしせんごくときにあらば、うまく英雄の心をりて、いかなるきこうたてたるやはかりがたし、ことこのちに一めいゑんくはへたるはしりのみなりといふべからず、さてきくうらうねんには学問も少しは心がけしと見え、きやうかはいくのみ手づゝにはあらず、ざうするきくうの手紙には、うめいつしゑがきてそのうへそのの春をおわかまをすといふ意味の句あり、またきよくていばきんめいしつしてのち、うさを忘るゝためにおのれときをくせしざつぱいかきつらねて、友におくりしうちこのきくうきやうかしゆほつくあり、(手紙とそのしよひつこしまぎれにさがしても知れぬはざんねんにもかくにもいつこがうけつやましなにやらゑしすみだがは」とはくゑんが、ばせうの句をもじりて笑ひしは、そのみが世のみやうりかゝはらねばなり、このひるものみなうれしく、人のわざありがたおもひしは、朝の心のくわいくわつなりしうつりか、そのとび/\ひとりすみだしゆんくわうけふあたらし。

この著作物は、1922年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。