運動教育


運動教育
編集

紳士の皆さん。

多くの著名な講演者が既に登壇しているこの場に、今晩私が登壇することを認めていただいたことを大変光栄に思うとともに、これからお話しするテーマがいかにこの聴衆にふさわしいか、このことをもって皆様のご寛容を確信する次第であります。

科学は、その目的が人間を作ることである以上、最も有用で偉大な科学の一つです。しかし、いずれにせよ、あなた方は科学の動きを研究するために協会を設立したのですから、新しいもの、あるいは新しくなったもの、私たちの周りに新しいものは何もないというのが本当なら、すべてがあなた方の興味と関心を引くのです。あえて大げさで、ちょっと気取ったタイトルにしました。私は、この半年間盛んに言われてきた学校でのゲームについてだけ話をしに来たのではなく、学校でのゲームは序章に過ぎない教育システム全体について、また運動教育を構成する一連の教訓と格言全体について話をしに来たのです。

I

教育関係者なら誰でも、オルレアンの高名な司教であるデュパンルー師が、青少年の育成に関して、自らの経験から示唆された考察をまとめた著作を読んだことがあるはずです。長い研究と苦労の末、「教育における二つの基本的なものは何かと深く考えてみたところ、私は権威と尊敬を見出した」と著者は第1章の冒頭で書いている。イギリスの図書館に最近加わった本の中に、長年ウッピンガム学校の校長を務め、最近仲間たちの賞賛に包まれて亡くなったスリング博士の小さな本がある。彼は教育を「観察、労働、愛の仕事」と定義している。一見すると、この2つの定義には何の矛盾もなく、互いに補完し合っているように見えます。観察、仕事、愛が教師を構成する3つの要素であり、権威と尊敬が弟子に対する効果です。しかし、実際には、デュパンルー司教とスリング博士は、考え得る限り対立し、敵対するとさえ言える二つのシステムの方式を発見したのです。

何世紀にもわたって、フランスの教育は権威ある仕事であった。この点に関する事実はあまりにも明白であり、これ以上証拠を集める必要はないでしょう。イエズス会はその伝統を大学に遺した。今日、かつてそうであったように、教育者は自分の世話を託された子供を手術する外科医であり、彼の中にある有害と思われるものを破壊する。そして、子供はそこから形成され、柔らかくなり、彼が生きなければならない社会のイメージで作られ、彼がすでにすべての欠点と矛盾を持つ社会から出てくるのだ。もし、自分に課せられた厳しく堂々とした役割を完全に果たすことができたなら、教師は弟子に服従の習慣と、何よりも権威に対する尊敬の念を抱かせることができたでしょう。自分を目上の人に従わせ、子供を従属的な存在にし、上下関係の義務に慣れさせ、そのメリットやデメリットを論じることすらしなくなる。デュパンルー師は、このような状況の特徴を、最もよく要約できる2つの言葉、権威と敬意を使って説明しました。

自由、独立、これがイギリスの教育モットーです。そこで教師は、子供を見守る番人として、その言葉、手本、教えによって、子供の中にある善良で誠実なものの発達を助けるのです。そのためには、暴力的な手段も許されるとは思っていない。しかし、これは非常に繊細な仕事であると同時に、前代未聞の大胆な仕事でもあるため、彼は自分の慎重な方向性と同じ方向に作用するあらゆるもので自分を囲み、学校を外界への近道とするのです。彼は学校を外の世界への近道とし、人が呼吸する空気、人が享受する利点や喜び、人が直面する困難や克服しなければならない障害さえも学校に運びます。このような結果を得るためには、皆さん、なんという努力と観察が常に必要なことでしょう!さらに、この魂の狩り、つまり、しばしば自分から逃れられる非物質のゲームの追求にどんな情熱があるのかを理解すれば、現代英国の最も輝かしい巨匠の一人が、自分の仕事を観察、仕事、愛の仕事と定義したことが理解できるはずです。

体罰はわが国の学校から消えて久しいが、イギリスの学校では、やや卑近な方法ではあるが、まだ残っている。なぜなら、罰(体罰かそれ以外か)の問題は付随的なものに過ぎず、パラドックスは表面的なものに過ぎないからだ。フランスでは、肉ではなく精神を鞭打つのです。精神は、手なずけられるまで鞭打つのです。精神は肉体と同じように制服を着なければならないが、隣人たちは好きなように服を着ることができる。

私は、ほとんど無意識のうちに、奇妙な本能に動かされて、フランス教育学の全容を、幼い判断のもとに引用したときには、こうしたことは全く考えていなかったのです。私は、いわゆる良い思い出ばかりを集めた学校を出るとすぐに、なぜ自分たちの息子をこのように育てるのか、外国人は同じように育てているのか、ということを調べ始めました。私たちは科学的な環境にいるのですから、著名な学者たちが提唱してきた実験方法を社会的事実の分野でも利用することが許されるのです。

私たちの大学に漂っている一般的な感情で、私が喜んで諸悪の根源と考えるものがある。それは退屈です。子どもたちは退屈しているし、先生たちもそうだ。それは、生命が停止し、規則性、従順さ、理性からなる一種の人工的な動きに取って代わられた場所で生きることで、これらの生き物は、どちらも苦しんでいるからです。仕事はそれほど大変ではないかもしれないが、休む暇もなく、先生も生徒もどうしようもなく惨めな生活を引きずっているのだ。後者のうち、数人は自分たちの側に立つことを諦めているように見える。そして、勉強に没頭する姿を目にする。本が唯一の友であり、科学に対する早熟な情熱、野心、あるいは生まれながらのエネルギーが彼らをこの方向へ押しやったのだ。そして、次のようなことが起こる。教師は、この平板な画一化された子供たちの中に、ようやく興味深い対象を見つけ、彼らに愛着を持ち、親切にする。

これは、私の記憶違いでなければ、いわゆる悪霊の方程式です。頻繁に使われる言葉であり、非常に悪い選択です。このような傾向は,少数の例外を除いて,子供や,もっと言えば思春期には非常に弱い。 彼は,完全に成長する前から,反対の衝動に従って,支援や指導を求め,あなたのところに行き,あなたに相談する...あなたが自分の友人だと感じていればの話です。それは、権威そのものに対してではなく、権威を行使し、甘い言葉で苦しみを与え、疑い、スパイし、投獄し、反抗的な小学生に「それはお前のためだ」と言って満足する者に対する敵意を表明するものです。そう、彼のためを思ってのことなのです。 しかし、未来は現在よりも彼に影響を与えず、彼はほとんど自分自身にもかかわらず、その鎖を断ち切ろうと奮闘している。主人は敵に化けており、この化けの皮を剥がさない限り、嫌われることになる。

だから、彼のところに行った労働者、採掘者は、同志の共感を失い、横目で見られ、からかわれ、いじめられ、その惨めさを、知的努力を倍加し、将来の輝かしい計画を立てることで慰めるのです。しかし、学校の中に、強い拳、鋭い言葉、見苦しいほどの大胆さを持つ若い悪党がいれば、彼は理想、模範、英雄になるのです。彼らは彼の道徳的バリケードを囲み、彼の反乱に拍手を送り、もし盾があれば、それを使って彼を担いで宮廷の周りを凱旋することでしょう。しかし、誰も彼を尊敬していない。彼の周りにいる小さな子供たちの中で、彼に秘密を打ち明け、率直に話し、正直でデリケートな話題について彼に助言を求め、危険や病気の場合に彼をそばに置こうとする者はいない。...彼らが彼の中に見るものは、独立のチャンピオン、あらゆる欲望、あらゆる憎しみの化身だ!。」同じような効果を生む不思議な教育

したがって、学童が従う秘密の暗号は、すべて主人に対抗するために作られたものであり、利用することが許される手段もたくさんある。モルヒネのように血管に入り込み、血液を毒するからです。皆さんもよくご存じのように、子供が親や教師から嘘をつくことで自分を守る習慣がつくと、必ず何かが残ります。正直者は努力の末に部分的に戻ってくるだけで、完全に正直であることはない。今、フランスの学校では、人々は恐ろしいほど嘘をつき、さらに理解しがたいことに、多くの教師は嘘をつくことを二の次にしているのです。

心理学的な調査を続けよう。私がまだ話していない生徒のカテゴリーがある。弱い生徒、教育が強くすべきなのに、あまりにも頻繁に臆病者や野蛮人しか作らない生徒がいる。この青白い、ちっぽけな子どもは、突然この学校に運ばれてきて、最初はかなり唖然としていたが、だんだん回復して周りを見回し、あっという間に状況を理解した。主人たちを取り囲む小さな集団に加わり、彼らの使者、スパイとして働き、そのために他の人たちの犠牲者となり、この不当な扱いを補うために、罪を犯した人たちが時々罰せられるという不健康な満足感を得るか、あるいは大多数の人たちに加わって、厳しく意地悪く、順番に迫害し犠牲にしていくという技術を学ぶか、これが選択肢です。前者では臆病者になり、後者では獣になる。では、自分の力を徐々に試し、日々大胆になり、日々高みに登っていくような道徳的な体育館はどこにあるのでしょう。どこにあるんだ?そして、それが存在しないのであれば、どうやってキャラクターを形成すればいいのでしょうか?

退屈、怠惰、貧血、残忍さには独特の結果があり、それは不道徳です。そう、不道徳は私たちの大学に侵入し、言葉、思考、行動の中に存在しているのです。20年前のサント・クレール・デヴィル氏の報告書を読んでいただきたいのですが、この報告書は、道徳・政治科学アカデミーの注意をこの深刻な問題に向けさせました。しかし、この問題に一緒に立ち入ることはできない。なぜなら、それは恐ろしいことであり、我々の体制に対する議論の余地のない非難をそこに感じ取るからです。しかし、明白で避けられない問題に対して、解決を先延ばしにすることに何の意味があるのでしょうか。 正面から取り組んだ方がいいのではないでしょうか。ある者は、本当に「何とかしなければならない」と認める気になり、ある者は、「問題は言うほど大きくはない」と冷静な態度で宣言する。- では、なぜこのように不安げで絶え間ない監視が必要なのでしょうか。- 生徒が教師の陰に隠れることだけが危険なのに、なぜ一瞬たりとも見失わないようにしようとするのでしょう。そんなことないでしょ!?先生方は皆、本当の危険性を知っているからこそ、目を光らせているのです。このことは、彼らが芽生えた友情を嫉妬深く追求し、壊してしまうことに反映されている。二人の少年の友情は,学校では禁止されている。彼らは,健全な友情が,存在する最も強力な教育手段の一つであることを疑っていないようだ。

しかし、教育制度や学校組織だけが悪いのではなく、世論にも責任があるのです。もし、外の大気の分子が偶然に学校に入り込めば、この点について公言している愚かな考えを持ち込むことになるのだ。あなたの子供たちは、あなたが男らしい才能を開花させるために、この種の社会的洗礼が不可欠だと考えていることを、若い頃からよく知っています。それは実際には泥の洗礼であり、彼らは色っぽい言葉で「結婚式」と呼んでいるのです。まあ!学校では、結婚式は自分たちのやり方でやる。認めてもらえないことと、甘えの宝物を蓄えておくことの区別がつかないからだ。しかし、このような欠点が輝かしい行為であるとされ、それを犯した者が誇らしげに満足げに語るのを聞くのは、非常に恥ずべきことです。フランスでいう "faire la noce "とは、非難されるべき行為を行うだけでなく、なによりもその行為に誇りを持つことです。このプログラムを実行する順番を待っている間、皆さん、子供たちは卑猥な会話をし、思考は不健全なものに向けられ、ある数はひどい悪徳の餌食になっています。

私が誇張していることを証明するために言いますが、もし私たちの大学が本当にそのような哀れな状態であれば、そこを通った人々は一生その恐ろしい記憶を持ち続け、この忌まわしい場所から逃げ出し、ほとんどどこでも行われているように、かつての仲間たちと時折集まる友好協会もないだろう...と。答えは簡単で、日常がそのマントを広げているが、そのマントの下には無数の怨念が眠っていて、それが怒りの爆発となって一挙に立ち現れると私は確信しているのだ。そのとき、どれだけの後悔が生まれ、どれだけの口がマクシム・デュ・カンプの言葉を繰り返すことでしょう!よく聞いてください、「大学の時代を悔やんだことはありません。 今でも、学生たちが通り過ぎるのを見ると、悲しみに襲われ、偶然にも大学に戻った夢を見ると、胸騒ぎがして目が覚めるのです。」

しかし、もう一つのことは、一瞬でも戻って、暗い壁、陰気な廊下、息苦しい中庭を再び見ることに喜びを感じることです。これは非常に人間的な感情であり、人間は喜びの記憶よりも苦しみの記憶の方を熱心に集め、それを共有した人々は常に多かれ少なかれ彼の友人であり続ける。元受刑者の友好協会を作り、その協会が毎年刑務所の真ん中で宴会を開くことを許可すれば、どこからでも客が来るでしょう。山の頂上から、窪地のある平野を見下ろすと、窪地や穴が見えなくなり、地面が平らに見える。同じように、子供の人生で悪い日があまりに多くなければ、それらが作り出した印象はどんどん薄れていく。青春は逃げることによって、苦味を減衰させることに貢献するのだ。最後に、私たちフランス人にとっての最後の緩和策があります。ボーディングスクールは、私たちにとって新しいものではなく、逆に最近になって少しずつ改良されてきました。子供たちが大学に行くのは、父親がそこにいたからで、それを経験することが必要なのです。皆さん、相続人にそのようなことを言うとき、何とも言えない誇りのようなものを感じます。とにかく、先ほどの話に戻りますが、多くの国民は自分の性格の弱さ、悲観主義、リウマチを呪い、その原因が教育にあると知れば、すぐに斧を持ってこの第2のバスティーユを取り壊そうとします。バレたら取り壊される。そのため、知恵は、その場所に置くものを用意するように命じています。

II

正直なところ、この再建の要素がイギリスで見つかるとは思っていなかったのです。6年近く前、私を初めてそこに連れて行った定期船には、軽率な英国びいきが乗っていたが、彼の極度の若さと未熟さのために、私は情状酌量の余地があると主張する。しかも、この英国恐怖症は、今回ご紹介する研究の観点からも、有用なものでした。これまで教育の基本として考えてきたこととは全く相反する学校教育の世界を目の当たりにし、信じられない思いから、私は小さな獣を探すようになったのです。小さな獣は見つけられませんでした。

私たちの小学生が退屈そうにしているのと同じくらい、イギリスの小学生は楽しそうにしている:これがまず印象に残りますね。まず、彼らの明るさは、良い空気を吸っていることもあると思います。フランス人がイギリスに行くと、大学を訪れて恍惚とする。しかし、それはいつも、古い歴史を持ち、外観が堂々としていて、田舎にあり、緑と広場に囲まれた素晴らしい施設です。ロンドンの中心部にもいくつかあるが、そこでもまた、大都会の霧の中で、緑もあまりない場所で、子どもたちは幸せそうに見えると言うべきか?大きな学校も小さな学校も、金持ちも貧乏人も、貴族も民主主義者も、学校はみな同じです。軍事的でもなく、権威主義的でもなく、人を戸惑わせ、嫉妬させる得体の知れない何かがある。それが第一印象で、その後、スポーツが発揮するこの途方もない、理解しがたい作用に突き当たる。この運動会は、当初は子供たちを鍛えて楽しませるためのものと思われたが、校内の明るさと健康を確保するためには、すでに大きな利点となっている。そして、このような体制が危険をもたらすはずの道徳の問題をさらに追求するならば、スポーツが偉大なモラリストであることがわかる。

これらの結果は非常に大きなもので、それを認めるには長い時間がかかる。物理的作用は明白で非常に自然であり、社会的作用は多くの観察と詳細な調査を必要とするが、道徳的作用は把握するのがかなり困難です。この研究をさらに複雑にしているのは、イギリスの大学では互いに相手を誹謗中傷し合うという残念な習慣があることだ。ウィンチェスターでイートン校は悲惨なところだと言われ、驚いて到着すると、この有名な小獣を捕まえようと急いで戻ると、そこにはおらず、ハロー校で探すように勧められ、そこでも見つからず、何度もイギリスを回ることになるのです。あなたはボートの船長を尋ねます:それはちょうどあなたに文芸協会の会長として紹介されたのと同じ人です。ポール・ブルジェは最近の本の中で、このことを非常に雄弁に表現している。「もしあなたが、激しい肉体運動と知的教養の結婚が、いかに男らしい素晴らしさを生むかを知ってさえいれば」と彼は言った。

さて、スポーツとは何かということを、私は諸君に説明しなければならない。私はイギリスを終わらせ、彼女に貢ぎ物をした。さて、フランスとフランスに適した教育について、私たちが提案するシステムが、どの外国人からも借用されたものでないかのように、扱ってみましょう。しかし、この制度が隣国の間でその価値を証明されたこと、50年前に彼らが行った改革の結果であること、そして彼らが行ったことは我々も達成できることを忘れてはならないのです。

III

今、私が意図的に使って本当の意味を伝えた言葉は、よく使われるのと同じように誤解される。毎日、ボワで短い馬に乗る優雅な男を見たことがありますか?ガスティーヌ・ルネットの常連がピストル射撃に興じているのを見かけますが?夏、休暇中のパリジェンヌが毎朝12分間の海水浴をしているのを見たことがありますか?その後、1〜2時間、ローンテニスをしている姿を見かけますか?この人たちはみんなスポーツをやっていると言うんですね。まあ、そんなことはないんですけどね。スポーツをまったくやらないんです。衛生的な運動をしているので、体質改善には効果的なのですが、そういう意味ではありません。このような無害な運動と並んで、かつてのギリシャやローマで行われていた運動を、今の若いイギリス人が行っているのです。アテネ、ローマ、ロンドンはスポーツの3大中心地であったようだ。おそらく、いつの日かエジプトのミイラから、理にかなった体力の向上に関する考察が発見されるだろうし、この3つの帝国以外ではスポーツが熱心に培われてこなかったということはない。私たちの周りを見渡すと、先ほど私が非難したスポーツ好きと呼ばれる人たちの隣に、もっと真剣な人たちがいて、エレガントさやポーズなど関係なく、ある種のエクササイズに執着し、生涯にわたって熱心にそれを実践している人たちがいるのです。しかし、不思議なことに、これらの人々は、そのほとんどが忙しく、勤勉な人々であり、彼らの富が払いのける、あるいは彼らの高貴さが働くことを妨げる怠け者の中にいるのだ。- 模倣品もほとんどない。

ブローニュの森に、若い人たちの集会が2つあるのをご存知ですか。ある人たちは、冬になると狭い場所で鳩を撃ったりスケートをしたりして楽しみ、他の人たちは、ギリシャが誇る古代の運動選手たちのように、走ることに興じているのですよ。どれがスポーツで、どれがスポーツでないかは、言うまでもないでしょう。レガッタのために練習しているボートチームが、川を通り過ぎるのを見たことがありますか?彼らが自発的に与えた船長に対して、受動的に服従していることに注目しましたか?疲れをものともしない頑固さ、努力で縮こまった顔に浮かぶ大胆な表情に感心したことはないだろうか。もしあなたがこれらすべてに気づいたなら、そこには確かに厳しい、その喜びを最初は味わうことができない、しかし、まやかしの快楽、無味乾燥な娯楽、休むだけの運動がもたらすすべてのものよりもはるかに優れた喜びがあることを理解したに違いない。このように、スポーツは人間の理想である「意志の勝利」に直結しているのです。だからこそ、この作品は偉大であり、哲学的であり、後世の人々が多くの誤りや誇張を指摘しながらも、その高貴さと純粋さには決して異論を唱えなかったストア派の教義に私たちを立ち戻らせるのです。諸君、エピクテトスのマニュアルはスポーツのマニュアルであり、マルクス・アウレリウスの思考はスポーツマン、つまりレスラーの思考です。一部のエリート魂は、前者で勝利するために後者を必要としなかったが、これは例外です。実際、意志を含む封筒にまず作用せずに直接意志に到達するには、並外れた資質を備えていなければならないが、一方を強化することは誰の手にも届く。

つまり、スポーツはその結果によって定義される。自由な努力であり、闘争であり、硬化であり、身体と人格の筋肉的な修養です。特に、多くの人によると、この作用は有害であるというので、知能への作用について言及しないのは不注意であろう。ここでもまた、本来のスポーツと、通常この見出しの下に分類されるエクササイズとが混同されているのです。だから、知的な観点からは、衰弱させ、心を眠らせ、無意味な会話の材料を提供し、さらに、それを実践する人は一般的に怠惰でガムシャラであることを加えれば、意見が不利に判断するのは理解できるでしょう。このような練習は、努力が主役であり、時には迅速な決断が必要で、危険も伴い、責任も発生し、実行には冷静さと同じくらい活発さが求められますが、その効果は全く異なります。その違いを理解するために、思春期だけでなく、子どもや男性についても考えてみてほしいのです。壁を登り、小川を飛び越えるような大胆な子供たちは、彼らなりのスポーツをしないのだろうか。年長者が同じようなことをしたり、激しい運動を最後まで続けたりするのは、そこに自分の強さを見せたい相手がいるからだが、子どもは見られていることを気にしない。これは、救助者、探検家、宣教師、非常に低いところから出発して非常に高いところに到達するすべての人、攻撃、乱闘、手と手の戦いを愛するすべての人を、規模のもう一方の端で導く、やや同じ感情です。賭けは人間または神、動機は物質または道徳、それは栄光またはお金の問題です:それは問題ではない!すべてはスポーツです。

教育の領域に踏み込むと、先ほど原理を説明した陸上競技は、2つの異論がある。1つは、すべての性質に適していないということ、もう1つは、残虐性を生むということです。運動教育が無価値な病弱な子供は確かにいるが、そういう子供は学校に行ってはいけない。もし、彼らの性格を悪くし、彼らの存在全体に苦い後味を与え、失敗させたいなら、他の子供と混ぜるより確実な方法はない。だから、それらを気にする必要はないんです。少し弱く、少し臆病な性質が残っているが、適度でよく理解された訓練が見事に機能する。つまり、レスリングが好きなのは、それほど強い必要はなく、急がず、穏やかに進め、適切に励ますと、子どもは容易にこの方向に導かれる。さらに、自己愛も手伝って、より機敏な仲間、より巧みな仲間に追いつくために密かに練習し、仲間に加わるまで止めない。- 兵士は自分の軍服に誇りを持つものであり、サーベルやエポレットをつけたいと思うのはごく普通のことで、それを主張するのは無駄なことなのだ。ジャージや白いシャツは、子供たちの憧れの的であり、ひとたびユニフォームを身につければ、兵士のように正義を貫こうとするのは当然です。

2つ目の反論の方が重要です。こうした運動の実践には、確かに教育者のモラルが介在しないわけがない。ある高校に純粋に導入された陸上競技は、より多くのいじめや虐待をもたらすでしょう。力を与えておいてそれを使わないというのは、重大な誤りを犯すことになる。しかも、自分が大切にしている信頼を簡単に失うことはないし、男として扱われる喜びにもすぐに飽きることはないでしょう。彼の拳は今、権威と秩序に奉仕している。彼は政府の一部であるため政府を支持し、合言葉は「優しさと冷静さ」であり、彼は自分の仕事にできる限りの優しさと冷静さを持ち込んでいる。私が皆さんにお見せしているのは、そのシステムの死骸です。しかし、その時、マスターの役割は何か、どんな機転、どんな技術、どんな繊細さが必要か、また、どんな仕事、観察、愛情が必要か、よくおわかりいただけると思います。彼が威圧的な態度をとれば、事態は危うくなり、善意に満ちているが経験不足でもある若い部下たちを混乱させることになる......。

もう一つ、何度も言われたことがある。「フランス人に運動教育は通用しない」という反論がある。私はこの議論を拒否する。なぜならば、まず第一に、この民族の劣等性を、あれこれ特別な観点からではなく、性格と意志のきわめて一般的な観点から認める必要があるからです。私たちは、辞任にしか向かない、召使にしか向かない、大胆さ、エネルギー、イニシアチブが私たちの中に育たない、と言わざるを得ないでしょう。フランス人がこんなことを考えるとは驚きであり、それをあえて言うことに憤りを感じます。

IV

運動教育を定義した後、誰がそれを提供できるかを語らなければ、私の仕事は不完全なものになってしまう。大学なのか?教育の無償化ですか?大学はいつかそれを与えてくれるでしょう。しかし、始められるのは大学ではない。そのためには、教師にも、宗教団体のメンバーにもない独立性が必要だ。前者は法律の条文を適用することを任務とする公務員であり、回覧板は法律の精神を彼らに知らしめるものです。フランスがこれまで実践してきた教育制度を考えれば、この状態は理解できるし、言い訳にもなる。今説明した原則とは全く相容れないものです。間違ってはいけないのは、悪は人ではなく物にあるということです。ある人々は、大学に属する人々の名誉、彼らの無私の心、能力、仕事に対する熱意を考えると、そのような人々が行った教育が攻撃されることに驚きを覚えます。

私たちは、古いシステムが新しいものを邪魔する障害を取り除き、壁を壊すことだけに関心を持つのではなく、教師や教育者の状況を改善しなければならないのです。この状況は、彼らが果たさなければならない輝かしい仕事に全くふさわしくありません。人間、市民を形成するということ以上に崇高な役割はありませんし、国家の道徳的強さは、その国の若者の教師をどの程度尊重しているかによって測られると私は想像しています。フランスでは、生徒だけでなく教師も解放する必要があります。なぜなら、教師も生徒も狭い制約に苦しんでいるからです。徳と科学で賞賛に値する、よく選ばれた校長が、自分のリセの運営について、彼が従う学長以上に何も知らず、何も知らず、何も予見できない、あるいは、フランス中で同じ作曲が同時に行われるという奇妙な満足感を自分に与えている大臣以上に、誰が認めることができるでしょう。この快挙を誇った男は、要するに悪しき原理を極限まで推し進めたに過ぎないのだ。- 校長が職員に対して絶対的な権力を持つような組織も悪質であると思うかもしれない。しかし、これはそういうことではありません。校長が学長よりも自分の学校をよく知っているとすれば、教師は校長よりも自分のクラスをよく知っている。この壮大な仕事に参加し、自分たちが形成する手助けをする存在に署名をするすべての人々が、なぜ学校の運営に参加することを許されないのでしょうか?なぜ、リーダーの権威が彼らの助言を受け、彼らのアイデアに触発されてはいけないのでしょうか?- そして、学校の校長や責任者を、時には1つまたは複数の県、時にはフランス全体の真の教育学評議会に招集すること以上に自然なことがあり得ようか。

これは、民間主導で道を切り開かなければ、大学では実現できないことなのです。新しい、より広い、より個人的な役割を果たすことを求められている教師の道徳的、経済的地位を高めることによって改革を始めるのは、自由教育次第です。道徳的には学校の方向性と関連づけることによって、経済的には個別指導システムを発展させることによって、です。この自由な教育も世俗的でなければなりません。それは、人々がこの言葉につける間違っている無宗教的な意味ではなく、寄宿学校で宗教を教育から切り離している人々は大きな幻想を抱いていて、そこから決して逃れられない教育学的な凡庸さを自らに課しているという意味においてです。

チュートリアル・システムについては、それを適用する前に、それを定義することが必要です。この言葉には多くの混乱があり、誰もが自分の好きな意味をつけている。このような状態に終止符を打つことが重要であり、私としては、次の会議でそのために最善を尽くすつもりです。

したがって、世俗的な自由教育が改革を行うことが求められているのです。この改革を構想した人々は、不器用に急ぐことなく、どんな挫折にも負けない頑固さで、勇気をもってこの改革を進めることを決意しています。この目的のために設立された協会は、下心がないこと、攻撃を意図していないこと、平和と和合の連盟であることを声高に宣言したいのです。しかし、もしあなたが、若いフランス人が現在の学校から、十分に硬い筋肉と十分に硬い性格を身につけて卒業していないと信じるなら、もしあなたが、彼らを育てた人々が、彼らの功績とその使命の崇高な範囲から受けるべき国家での地位を有していないと信じるなら、...です。もしあなたが、民族を強くし、民族の行動範囲を広げ、民族の運命を保証するのは教育であると何よりも信じるなら、私たちのところに来てください。私たちは、摂理が親切にも私たちを国民にしてくれた偉大な国を愛し、それに奉仕すること以外、いかなる関心も持っていないと確信しています。

脚注編集


 

この著作物は、1937年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。