誇りの館/誇りの館


誇りの館
編集

パーシヴァル・フォードは、なぜ来たのだろうと思った。彼は踊らなかった。軍隊にあまり興味がなかったのです。しかし、彼は彼らを知っていた。シーサイドの広いラナイで、糊のきいた白いユニフォームを着た将校、白と黒の民間人、肩と腕を出した女性たちを、滑空させたり回転させたりしていたのだ。ホノルルでの2年間を経て、第20軍はアラスカの新しい基地へと旅立った。パーシバル・フォードは、島の大物の一人として、将校やその女性たちを知らずにいられなかった。

しかし、知ることと好きになることの間には、大きな隔たりがあった。軍の女性たちは、彼をほんの少し怯えさせた。年配の女性、独身女性、眼鏡をかけた乙女たち、教会や図書館や幼稚園の委員会で出会った、寄付や助言を求めておとなしくやってくるあらゆる年齢の非常に真面目な女性たちなど、彼が最も好む女性たちとは全く違うのだ。彼は、自分の優れた精神力、巨万の富、ハワイの商業男爵の高い地位によって、彼女たちを支配していたのである。そして、彼女たちを少しも恐れていなかった。彼女たちとのセックスは、邪魔にならないものだった。そう、それである。彼らの中には、生活の中で主張する粗雑さとは別の、あるいはそれ以上のものがあった。彼は潔癖症で、自分でもそれを認めていたのだが、この軍隊の女性たちは、むき出しの肩と裸の腕、まっすぐな目、生命力と挑戦的な女性らしさがあり、彼の感性に衝撃を与えていた。

彼らは人生を軽んじていて、酒を飲み、タバコを吸い、悪態をつき、女性たちに劣らず恥知らずにも肉体の本質的な醜さを主張していたのである。軍隊の男たちと一緒にいると、いつも居心地が悪かった。彼らも居心地が悪そうだった。そして彼はいつも、彼らが袖の下で自分を笑っているような、あるいは哀れんでいるような、あるいは大目に見ているような気がしていた。そしてまた、彼らはただ偶然に、彼の中の欠落を強調し、彼が持っていない、そして彼が持っていないことを神に感謝するような彼らの中のものに注意を促しているように思えたのです。嗤兆!。」 彼らは女に似ている!。」

実際、パーシバル・フォードは男の人である以上に女の人でなかった。その理由は、彼を一目見ればわかる。彼は体質がよく、病気とは無縁であったし、軽い障害さえなかった。彼は陰性の生物であった。その細長い顔、薄い唇、痩せた頬、小さくて鋭い目は、発酵を含んだ血液では育たず、形づくられない。埃っぽい色で、まっすぐで、まばらな髪の毛は、ニガテな土壌を宣伝していた。また、細く、繊細な造形の、くちばしのようなものをわずかに思わせる鼻もそうであった。彼の貧弱な血は、彼の人生の多くを否定し、彼がただ一つのこと、つまり正義において過激派であることを許した。正しい行いをするために、彼は熟考し、苦悩し、正しい行いをすることは、愛すること、愛されることが平民の土に必要であるのと同様に、彼の本質に必要であった。

彼はラナイとビーチの間にあるアルガモの木の下に座っていた。ダンサーたちに目をやると、彼は顔をそむけ、まろやかな音を立てる波打ち際から、水平線上に低く燃える南十字星を見つめた。女性たちの肩や腕がむき出しになっていることに、彼はいらだちを覚えた。もし彼に娘がいたら、絶対に許さないだろう。しかし、彼の仮説は最も抽象的なものだった。その思考過程には、その娘の内面的なヴィジョンが伴っていなかった。彼は腕と肩のある娘を見ていない。そのかわり、彼は結婚という遠い偶発的な事態に微笑んだ。彼は35歳で、個人的な恋愛経験のない彼は、恋愛を神話的なものではなく、獣のようなものとして見ていた。誰でも結婚できる。砂糖農園や田んぼで働く日本人や中国人のクーリー(労働者)は結婚していた。彼らは必ずと言っていいほど、最初の機会に結婚した。それは、彼らの生活水準があまりにも低いからである。他にやることがないのだ。軍隊の男女と同じだ。しかし、彼にとっては、他にもっと高いものがあった。彼は、彼らとは--彼ら全員とは--違っていた。彼は、自分がたまたまそうであったことに誇りを持っていた。些細な恋の駆け引きから生まれたのではありません。義務や大義への献身という高尚な観念から生まれたのだ。彼の父親は愛のために結婚したのではありません。アイザック・フォードにとって、恋愛は狂気の沙汰だった。生命のメッセージを携えて異教徒のもとへ行くという呼びかけに応えたとき、彼は結婚を考えたこともなければ、望んだこともなかった。この点では、父親と彼は似ていた。しかし、伝道庁は経済的であった。ニューイングランドの倹約家たちは、結婚している宣教師の方が一人当たりの費用が少なく、より効果的であると判断したのである。そこで委員会は、アイザック・フォードに結婚するように命じた。さらに、委員会は彼に妻を用意した。その妻もまた、結婚を考えない熱心な魂で、異教徒の間で主の仕事をすることだけに専念していた。二人はボストンで初めて顔を合わせた。理事会が二人を引き合わせ、すべてを手配し、その週の終わりには結婚し、ホーン周航の長い航海に出発した。

パーシバル・フォードは、自分がこのような結婚をしたことを誇りに思っていた。彼は高貴な生まれで、自分を精神的な貴族だと考えていた。そして、自分の父親を誇りに思っていた。それは、彼にとって情熱だった。アイザック・フォードのまっすぐで厳かな姿は、彼のプライドに焼きついていた。彼の机の上には、その主の兵士のミニチュアが置かれていた。寝室には、アイザック・フォードが王政下で首相を務めた時に描かれた肖像画が飾られていた。アイザック・フォードが地位や世俗的な富を欲しがったのではなく、首相として、そして後には銀行家として、宣教の大義に大きな貢献をしたのである。ドイツ人、イギリス人、その他の商人たちは、アイザック・フォードを商業的な魂の救済者と嘲笑していたが、彼の息子である彼は違うことを知っていた。封建制度から突然抜け出し、土地の所有権の性質や意義について何の考えも持たない原住民が、広大な土地を指の間からすり抜けていたとき、アイザック・フォードが商人集団とその獲物の間に入り、太くて広大な所有権を手に入れたのだ。商人たちが彼の記憶を嫌うのも無理はない。しかし、彼はその莫大な富を自分のものだとは思っていなかった。彼は自分を神の執事とみなしていた。その収入で学校、病院、教会を建てた。また、砂糖が不況の後に40%の高配当になったこと、彼が設立した銀行が鉄道に発展したこと、1エーカー1ドルで買った5万エーカーのオアフ島の牧草地が、18カ月ごとに1エーカーあたり8トンの砂糖を栽培したことなどは、彼の責任ではなかった。いや、本当はアイザック・フォードは、司法省ビルの前にあるカメハメハ大王の像の横に立つのにふさわしい英雄的な人物だと、パーシバル・フォードは内心思っていたのである。アイザック・フォードは亡くなったが、彼の息子である彼は、これほど見事でないにしても、少なくとも同じくらい頑固にその仕事を続けていた。

彼はラナイに目を戻した。恥も外聞もない草まみれのフラダンスと、同じ人種の女性たちが踊るデコルテの踊りの違いは何だろう、と彼は自分に問いかけてみた。本質的な違いなのか、それとも程度の問題なのか。

と考えているうちに、彼の肩に手が置かれた。

「やあ、フォード、こんなところで何をしているんだい?」ちょっとお祭り騒ぎじゃないですか。」と、パーシバル・フォードは重々しく答えた。「座ってください。」

ケネディ博士は鋭く手のひらを叩いて座った。白衣を着た日本人の使用人が素早く答えた。

スコッチとソーダがケネディの注文である。

「もちろん,君には頼まないよ。」

「しかし、私は何かを取るだろう。」フォードは、しっかりと言った。博士の目には驚きが見え、使用人は待ったをかけた。「坊や、レモネードをお願いします。」

博士は自分へのジョークとしてそれを心から笑い、ハウの木の下にいる音楽家をちらりと見た。

「どうして、アロハ・オーケストラなんだ。火曜の夜はハワイアンホテルと一緒だと思ってたんだ。」と彼は言った。

彼は一瞬目を閉じて、ギターを弾きながらハワイアンソングを歌っている人に目をやった。

その歌手を見ると、彼の顔は重々しくなり、仲間に向けると、やはり重々しくなった。

「フォード、そろそろジョー・ガーランドをあきらめたらどうだ?君は推進委員会がサーフボードの提案で彼をアメリカに送ることに反対しているそうだね。彼を出国させたら喜ばれるのでは?彼への迫害を終わらせる良い方法だろう。」

「迫害だと?」パーシバル・フォードの眉が質問するようにつり上がった。

「どんな名前でもいいんだ。」とケネディは続けた。「あのかわいそうな悪魔を何年も追い回してきたんだ。それは彼のせいではありません。あなたもそれを認めるでしょう。」

「彼のせいではない?」パーシバル・フォードの薄い唇が一瞬固く引き結ばれた。「ジョー・ガーランドは放蕩三昧で怠け者だ。彼はいつも浪費家で放蕩者です。」

「だからといって、あなたが彼を追い続ける理由はありません。私は最初からあなたを見てきた。大学から帰ってきて、彼が農園でルナとして働いているのを見つけたとき、あなたが最初にしたことは、彼をクビにすることでしたね。」と、パーシバル・フォードは委員会で使い慣れた調子で、批判的に言った。「私は彼に警告を与えました。管理人は彼が有能なルナであると言った。その点では、彼に異存はなかった。問題は勤務時間外に彼がやったことだ。彼は、私が仕事を成し遂げるよりも早く、私の仕事を台無しにしたのです。日曜学校も、夜間学校も、裁縫教室も、夜にはジョー・ガーランドがギターとウクレレで地獄のように永遠にタムタムし、強い酒を飲み、フラダンスをしているのだから、何の役に立つというのだろう。彼に警告した後、私は彼に出くわした--決して忘れることはできない--キャビンの下で彼に出くわしたのである。夕方だった。その光景を見る前に、フラの歌が聞こえてきた。そして実際に見てみると、そこには月明かりの下で恥ずかしげもなく踊っている少女たちがいた。私が清潔な生活と正しい行いを教えるために働いていた少女たちである。そこには、ミッションスクールを卒業したばかりの3人の少女がいたのを覚えています。もちろん、私はジョー・ガーランドを退院させました。ヒロでも同じでしたね。私がメイソンとフィッチを説得して彼を解雇させた時、人々は私が道を踏み外したと言っていました。しかし、私にそうするように要求したのは宣教師たちであった。彼は非難されるべき手本によって、彼らの仕事を台無しにしていたのです。」

「その後、彼があなたの鉄道に乗ったとき、彼は理由もなく解雇されました。」とケネディは挑発した。

「そうではない。」と即答した。「私は彼を私の個人的な事務所に呼んで30分ほど話をしました。」

「非能率で解雇したのですか?」

「不道徳な生活をしていたからです。」

ケネディ博士は耳障りな音を立てて笑った。「いったい誰がお前に裁判官と陪審員をやらせたんだ?」家主になったからと言って、労働者の不滅の魂をコントロールできるのか?」私はあなたの主治医です。明日、スコッチとソーダをやめなさい、さもなくばあなたの庇護を受けなさいというのでしょうか?ああ!フォード、君は人生を真剣に考えすぎだ それに、ジョーが密輸に手を染めた時(彼はあなたに雇われていたわけでもない)、あなたに連絡を入れて、罰金を払うように頼んだのに、あなたは彼を残して岩礁で6ヶ月間重労働をするように言ったじゃない。忘れるな、あの時お前はジョー・ガーランドを見捨てたんだ。そして、お前が初めて学校に来た日のことを俺は覚えている......俺たちは寄宿舎で、お前はまだ日雇いだった......お前は入門しなければならなかった。水槽の中で3回泳ぐんだ 覚えてるだろ?」 新入生は皆そうするんだ でも君は我慢していた 泳げることを否定した 怯えてヒステリックに...

「そうですね。私は怖かった。そしてそれは嘘だった、私は泳げたのだから.そして怯えたのです。」パーシバル・フォードはゆっくりと言った。

「そして、誰があなたのために戦ったかを覚えていますか?誰があなたのために嘘をつきましたか?あなたが泳げないことを知っていると誓いましたか?あなたが泳げることを知った他の少年たちに溺れさせられそうになりながら、水槽に飛び込んであなたを引き上げた人のことを?」

「もちろん知っていますよ。」もう一人は冷たく言い返した。「しかし、少年時代の寛大な行為は、生涯に渡る間違った生活の言い訳にはならない。」

「彼はあなたに悪いことをしたことがないんですか?」

「いいえ。」というのがパーシバル・フォードの答えだった。「それが私の立場を難攻不落のものにしている。私は彼に個人的な恨みはない。彼は悪人だ、それだけだ。彼の人生は悪いものです......。」

「つまり、彼は人生の生き方についてあなたと同意していないということです。」と医師は口を挟んだ。

「そうしてください。それは重要ではありません。彼は怠け者ですから......。」

「理屈はともかくとして、あなたが彼を叩き出した仕事を考えると」と遮られた。

「彼は不道徳だ。」

「ちょっと待てよ フォード その話はやめよう。君は純然たる ニューイングランド人だ ジョー・ガーランドは カナカとのハーフだ 君の血は薄い 彼の血は温かい 君にとっての人生と 彼にとっての人生は別物だ 彼は笑い、歌い、踊りながら人生を過ごす。温和で、無欲で、子供のように、みんなの友達だ。あなたは祈りの車輪のように人生を歩き回り、正義の味方以外の誰の友でもない、正義の味方とは、何が正しいかについてあなたに同意する人のことである。そして、結局のところ、誰が言うのだろう?」あなたはアンカー教徒のように生きている。ジョー・ガーランドは善人として生きている。どちらが人生から最も多くのものを得たか?」私たちは生きるためにお金をもらっているんです。給料が少なすぎると仕事を投げ出す。それが理性的な自殺の原因なんだ。ジョー・ガーランドは君の給料では餓死してしまう。彼は違うふうにできているのです。だから、彼の賃金である歌や愛では餓死してしまうのです......。」

「欲望、失礼ですが。」と口をつぐんだ。

ケネディ博士が微笑んだ。

「あなたにとって愛とは、4つの文字からなる言葉であり、あなたが辞書から抽出した定義である。しかし、愛、本当の愛、露のような、動悸のする、優しい愛、あなたは知らないのです。神はあなたや私、そして男や女を作ったのなら、愛も作ったのだと信じています。しかし、戻ってくる。そろそろジョー・ガーランドを 追い詰めるのは止めてくれ あなたにふさわしくないし、卑怯です。あなたがすべきことは、手を差し伸べて、彼に手を貸すことです。

「なぜ私なんだ?」「なぜ彼に手を差し伸べないんだ?」

"私はした。私は今、彼に手を差し伸べている。彼を追い出そうという振興委員会の提案に反対しないように説得しているんだ。ヒロでメイソンとフィッチに就職させたのは私です。6つの仕事を紹介したが全部ハズレだ だが気にするな ひとつ忘れてはいけないのは......少しぐらい正直に言っても害はないだろうが、ジョー・ガーランドに別の落ち度を押しつけるのはフェア・プレーではないということだ、そして何より、おまえがそれをする男だということをな いい趣味じゃないな。下品極まりない。」

「と、パーシバル・フォードは答えた。「遺伝と個人の無責任に関する不明瞭な科学的理論を持ち出しているようだが、それは違う。しかし、どのような理論で、ジョー・ガーランドの悪行に無責任とし、同時に私に個人的な責任(ジョー・ガーランドを含む誰よりも重い責任)を負わせることができるのか、私には理解できません。」

「と、ケネディ博士が切り出した。「社会のために、あることを黙って無視するのはとてもいいことですが、あなたは黙って無視する以上のことをしていますね。」

「黙って見過ごすとは何事だ!。」

ケネディ博士は怒っていた。スコッチとソーダを飲んだときよりも深い赤が彼の顔を染めていた。

「あなたのお父さんの息子です。」

「どういうことだ?」

"ちくしょう、これ以上わかりやすく話せというのは無理な話だ。しかし、もしあなたがそう言うなら、アイザック・フォードの息子、ジョー・ガーランド、あなたの兄です。」

パーシバル・フォードは静かに座って、困ったような、ショックを受けたような表情を浮かべていた。ケネディは不思議そうな顔をして彼を見たが、ゆっくりと時間がたつにつれて、恥ずかしくなり、怖くなった。

「なんてことだ!。」彼はついに叫んだ。「まさか、知らなかったとは言わせないぞ!。」

その答えとして、パーシバル・フォードの頬はゆっくりと灰色になった。

「ひどい冗談だ。」と彼は言った。

医師は自分を取り戻したのだ。

「みんな知ってることだ。」と彼は言った "あなたも知っていると思った そして、あなたはそれを知らないので、あなたが知っている時間です。私はあなたをまっすぐにする機会をうれしく思います。ジョー・ガーランドと君は異母兄弟だ。」

「嘘だ。」とフォードは叫んだ。「本気じゃないだろう。ジョー・ガーランドの母親はイライザ・クニリオだ。」(ケネディ博士がうなずいた。)「私は彼女のことをよく覚えています。父親はジョセフ・ガーランドで、海水浴客だった。」(2、3年前に死んだばかりだ。よく酔っ払っていた。ジョーはよく酔っ払っていましたよ。これがあなたの家系です。」と、ケネディは不思議そうに言った。

「ケネディ先生、あなたは恐ろしいことをおっしゃいましたね。あなたは証明しなければならない、あるいは......。」

「自分で証明しなさい。後ろを向いて、彼を見てください。彼の横顔をね。彼の鼻を見てください。アイザック・フォードのだ 君の鼻はそれの縮小版だ その通りだ 見てくれ 線はもっと太いけど、全部あるんだ。」

パーシバル・フォードは、ハウの木の下で遊んでいるカナカの混血児を見て、まるで何かの照明のように、自分自身の亡霊を見つめているように思えた。まるで、自分自身の亡霊を見つめているようだった。いや、むしろ、彼こそが、筋肉隆々のおおらかな体型をしたもう一人の男の亡霊だったのだ。そして、彼の特徴も、そのもう一人の男の特徴も、すべてアイザック・フォードを彷彿とさせるものであった。そして、誰も彼に言わなかった。アイザック・フォードの顔のラインはすべて知っていた。父のミニチュアや肖像画、写真が彼の頭の中をぐるぐると回り、目の前の顔のあちこちに、何度も何度も、似ている部分や曖昧な気配を感じ取ったのだ。アイザック・フォードの渋い顔立ちを、目の前の緩やかで官能的な顔立ちに再現するのは、悪魔の所業だったのだ。一度だけ、男が振り返ったとき、パーシバル・フォードは一瞬、死んだはずの父親がジョー・ガーランドの顔から自分を覗き込んでいるように思えた。

ケネディ博士が「何でもない。」と言うのがかすかに聞こえた。「昔はみんなごちゃごちゃになっていたんだよ。あなたはそれを知っている。昔はみんな混ざってたんだ。船乗りは女王と結婚して姫を産んだり、その他もろもろ。島では普通のことだったんだ。」

パーシバル・フォードが口を挟んだ。

「ほらね。」ケネディは肩をすくめた。「宇宙の樹液と生命の煙。アイザック・フォードは厳格な性格で、特に自分自身には説明のしようがない。彼はあなたと同じように理解していなかった。人生の煙 それだけだ それと 忘れてはいけない事がある アイザック・フォードには 手に負えない血が流れていて ジョー・ガーランドは それを受け継いだ 生命の煙と宇宙の樹液をね 一方君は アイザック・フォードの 禁欲的な血を受け継いだんだ 君の血が冷たくて、秩序正しく、よく訓練されているからといって、君がジョー・ガーランドを顰蹙(ひんしゅく)する理由にはならない。ジョー・ガーランドが君の仕事を元に戻すとき、それは両側のアイザック・フォードが、もう片方の手でやっていることを元に戻すだけだということを思い出せ。君はアイザック・フォードの右腕で、ジョー・ガーランドは左腕なんだ。」

パーシバル・フォードは何も答えず、沈黙の中でケネディ医師は忘れていたスコッチとソーダを飲み干した。敷地の向こうから自動車が威勢のいい声で鳴り響いた。

「あの機械だ。」とケネディ博士が立ち上がりました。「私は走らねばならない。私は走らなければならない。あなたを動揺させてしまって申し訳ない。アイザック・フォードの血液は非常に少なかったが、ジョー・ガーランドはそれをすべて採取した。そしてもう1つ お父さんの左手が気に食わなくても、叩き落とさないでね。それに、ジョーは大丈夫だ。正直言って、砂漠の島で一緒に暮らすなら、君とジョーのどちらかを選べるなら、ジョーを選ぶよ。」

彼の周りでは、裸足の子供たちが草の上を走り回って遊んでいましたが、パーシバル・フォードは彼らを見ていません。しかし、パーシバル・フォードには、その姿は見えなかった。一度だけ、位置を変えて近づいたことがある。シーサイドの店員は、年老いたせいで足を引きずりながら、通り過ぎた。彼は40年もこの島で暮らしている。パーシバル・フォードが手招きすると、店員は敬意を払ってやってきて、自分がパーシバル・フォードに注目されることを不思議に思っていた。

フォードが「ジョン、情報をくれ。座ってくれませんか?」と言った。

店員は予期せぬ光栄に唖然として、ぎこちなく座った。彼は目をぱちぱちさせながら、「はい、ありがとうございます。」とつぶやいた。

「ジョン、ジョー・ガーランドとは何者だ?」

店員は彼を見つめ、まばたきをして、喉を鳴らし、何も言わなかった。

「続けて。」とパーシバル・フォードは命じた。

「彼は誰ですか?」

「冗談でしょう、先生。」もう一人の店員は何とか言い逃れようとした。

「私は真面目に話したんです。」

店員は彼から身を乗り出した。

その質問自体が答えだった。

「知りたいんだ。」

「なぜ、彼は...」ジョンは話を切り上げ、なすすべもなく自分の周りを見回した。「他の人に聞いた方がいいのでは?」みんな君が知っていると思っていたよ。私たちはいつも、......と思っていた。」

「はい、どうぞ」

「私たちは、あなたが彼に恨みを抱いている理由だと考えていました。」

アイザック・フォードの写真やミニチュアが息子の脳裏を駆け巡り、アイザック・フォードの亡霊がヒントの周りに漂っているようだった。 「おやすみなさいませ、先生。」店員が言うのが聞こえ、彼が足を引きずりながら去っていくのが見えた。

「ジョン、」彼は突然呼んだ。

ジョンは戻って来て彼の近くに立ち、瞬きをして神経質に彼の唇を湿らせた。

「あなたはまだ私に言っていませんよ。」

「ああ、ジョー・ガーランドのこと?」

「そう、ジョー・ガーランドのこと。彼は誰ですか?」

「あなたのお兄さんです" "私が言うのもなんですが...」

「ありがとう、ジョン おやすみなさい。」

「知らなかったのか?」"と老人は訊いたが、肝心なところは過ぎてしまったので、長居は無用である。

「ありがとう、ジョン。おやすみなさい。」それが返事だった。

「はい、先生、ありがとうございます、先生。雨が降りそうですね。おやすみなさい、サー」

星と月明かりだけの澄んだ空から、まるで水蒸気のような細かい雨が降ってきた。子供たちは裸足で草むらを走り、砂浜に飛び込んで遊び、数分後には雨は上がりました。南東には、ダイヤモンドヘッドが、星を背景にクレーターのシルエットを浮かび上がらせながら、くっきりとした黒い塊として見えている。眠気を誘うような間隔で、波が砂浜から草原に泡を飛ばし、遠くには月の下で泳ぐ人たちの黒い斑点が見える。ワルツを歌う歌手の声が消え、静寂の中、木の下のどこかから、愛の叫びのような女の笑い声が聞こえてきた。それはパーシバル・フォードを驚かせ、ケネディ博士の言葉を思い起こさせた。砂浜に横付けされたアウトリガーカヌーのそばで、彼は男女のカナカ族が蓮を食べるようにゆったりと横たわっているのを見た。そのホロクを背にして、カヌーの舵取り役の黒人の頭が女性の肩に預けられているのが見えた。さらに進んで、ラグーンの入り口の砂地が広がっているところで、男女が並んで歩いているのが見えた。明るいラナイに近づくと、女の手が腰のあたりまで降りてきて、腕組みを解いているのが見えた。そして二人がすれ違うとき、パーシバル・フォードは知り合いの船長と、少佐の娘にうなずいていた。スモーク・オブ・ライフ、そうだ、十分な言葉だ。そしてまた、暗いアルガローバの木の下から、愛の叫びのような女の笑いが起こった。そして彼の椅子を通り過ぎ、ベッドに向かう途中、裸足の若者が、日本の保母に叱られて連れて行かれた。歌い手たちの声はやわらかく、とろけるようにハワイのラブソングになり、士官と女官たちは腕を組んでラナイを飛び回り、アルガモの木の下で再び女が笑った。

そして、パーシバル・フォードはそのすべてを不愉快に思うだけであった。女の愛想笑いにも、白いホロクに頭を乗せた操舵手にも、浜辺を歩くカップルにも、踊る将校や女たちにも、愛を歌う歌手の声にも、そしてハウの木の下で彼らと一緒に歌う兄にも、彼は苛立ちを覚えたのだ。笑う女は特に彼を苛立たせた。不思議な思考回路が呼び起こされた。彼はアイザック・フォードの息子で、アイザック・フォードに起こったことは彼にも起こるかもしれないのだ。そう思うと、彼は頬がかすかに赤らむのを感じ、痛烈な羞恥心を覚えた。自分の血筋がそうであることに愕然とした。自分の父親がハンセン病患者であったこと、そして自分の血にその病気が混じっている可能性があることを突然知ったようなものだった。アイザック・フォードは、主の厳格な兵士であり、老いた偽善者であった。彼と海水浴客の間にどんな違いがあるのだろう。パーシバル・フォードが築き上げた誇りの家は、彼の耳元で崩れ落ちた。

時間が経つにつれ、軍人たちは笑い、踊り、母国の楽団は演奏を続け、パーシバル・フォードは突然突きつけられた圧倒的な問題と格闘した。彼は、テーブルに肘をつき、手の上で頭を下げ、まるで疲れた傍観者のように静かに祈った。踊りの合間には、軍人の男や女、民間人がひらひらと彼のところに寄ってきて、慣習的な会話をした。彼らがラナイに戻ると、彼は中断していた相撲を取り始めた。

彼は粉々になったアイザック・フォードの理想を修復し始め、そのために狡猾で微妙な論理を駆使した。それは、エゴイストの脳内研究室で調合されるようなもので、うまくいった。彼の父親が周囲の人間より立派な粘土でできていたことは否定できないが、それでも、アイザックの老人はなりかけていただけで、彼、パーシバル・フォードはなりきっていたのである。その証拠に、彼は父親を更生させ、同時に自分自身を高揚させた。彼の小さなエゴは、巨大な割合に膨れ上がった。彼は、許すことができるほど偉大になったのだ。そのことを考えると、彼はとても輝いて見えた。アイザック・フォードも偉大だったが、彼はもっと偉大だった。アイザック・フォードを許し、彼の記憶の中の聖なる場所に彼を戻すことさえできたからだ。また、アイザック・フォードが一歩身を引いた結果を無視したことに拍手を送った。なるほど、彼もまた、それを無視するのだろう。

ダンスは終わりつつあった。オーケストラは「アロハ・オエ。」を終えて、帰途につく準備をしていた。パーシバル・フォードは、日本人の使用人に手を叩いた。

彼はジョー・ガーランドを指差して「あの人に会いたいと言っておいてくれ。」と言った。「今すぐここに来るように言ってくれ。」

ジョー・ガーランドは近づいてきて、数歩離れたところで礼儀正しく立ち止まり、まだ持っているギターを神経質に指さした。もう一人は彼に座れとは言わなかった。

「あなたは私の兄弟です。」と彼は言った。

「なぜ、誰もがそれを知っている、」驚きのトーンで、答えがあった。

「そうですね、わかりました。」パーシバル・フォードは乾いた調子で言った。「しかし、私は今日の夜までそれを知らなかった。」

異母兄弟は、その後に続く沈黙の中で居心地悪く待っていた。その間、パーシバル・フォードは次の言葉を冷静に考えていた。

「初めて学校に来た時、男子生徒にカモにされたのを覚えているか?」" と聞いた。"どうして僕の役をやったの?」

異母兄弟は照れくさそうに笑った。

「知ってたから?」

「そうだ、それが理由だ。」

「しかし、私は知らなかった。」パーシバル・フォードは、同じように乾いた調子で言った。

「そうだよ。」ともう一人が言った。

また沈黙が訪れた。使用人たちがラナイの灯りを消し始めていた。

「君は......今知っているね。」異母兄弟は簡単に言った。

パーシバル・フォードは顔をしかめた。そして考え込むような目つきで相手を見渡した。

「この島を出て、二度と戻ってこないために、いくら必要なんだ?」

「二度と戻ってこない?」ジョー・ガーランドはためらった。「ここは私が知っている唯一の土地です。他の土地は寒い。他の土地は知らない。ここにはたくさんの友達がいる。他の土地では、"アロハ、ジョー、私の息子 "と言う声もないだろう。」

「私は決して戻ってこないと言った。」パーシバル・フォードは言い直した。「アラメダ号は明日サンフランシスコへ向けて出航する。」

ジョー・ガーランドは困惑した。

「しかし、なぜだ。」と彼は尋ねた。「私たちが兄弟であることは、もうおわかりでしょう?」

「だからさ、君が自分で言ったように、みんな知っているんだ。私はあなたの時間を価値あるものにします。」と言い返した。

ジョー・ガーランドから気まずさも恥ずかしさも消え失せた。生まれと立場が逆転したのだ。

「俺に行けって言うのか?」

パーシバル・フォードは「行って、二度と戻ってこないでほしい。」と答えた。

そして、その一瞬、一瞬のうちに、弟が山のようにそびえ立ち、自分が小さく矮小になっていくのを感じることができた。しかし、人が自分自身を本当に見ることはうまくいかないし、長い間そうして生きていくこともできない。パーシバル・フォードはその一瞬だけ、自分自身と兄を本当の意味で見ることができたのである。次の瞬間、彼は自分の貧弱で飽くなきエゴに支配された。

「言ったように、私はあなたの時間を価値あるものにします。苦しむことはない。報酬はちゃんと払うよ。」

「わかった。私は行く。」ジョー・ガーランドはそう言った。

彼は背を向けようとした

「ジョー、明日の朝、私の弁護士に会ってくれ。明日の朝、弁護士に会わせるから、500ドル払ってくれ。」ともう一人が呼んだ。

「ご親切に。あなたは優しすぎるくらいです。とにかく、私はあなたのお金はいらないようです。明日、アラメダ号で行くんだ。」ジョー・ガーランドは優しく答えた。

彼は立ち去ったが、さようならも言わなかった。

パーシバル・フォードは手を叩いた。

「坊や、レモネードを。」と彼は日本人に言った。

レモネードを飲みながら、彼は満足げに長い間微笑んでいた。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:
 

この作品は1927年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。