蛸と海女

原文編集

いつぞ𛂞と𛂗らいす𛃆してゐ𛁠
𛀚い𛀚゛あつてけうというけう
とう とら𛃅へ𛁠ア
てもむつくりとし𛁠いゝ𛂼ゝ𛁠゛
いもよりハ𛂂をこうぶつ𛁠゛
サアすつてすいつくして
たんのふさせてからいつそ
りうぐうへつ𛄀て
かこ𛁩ておこうス
口𛂈𛁳
ズウツズツ
チユツチユ
ズウツフヽヽヽウ
アレ𛂋くい𛁠こ𛁠゛のうフヽヽヽ
ヱヽいつそアレおくのフヽヽヽ
こつ𛃀゛のくちをす𛂞𛄀るので
い𛀪𛀚゛𛂦づんでアヽヱヽモ
イツク
そ𛄀𛂂ア い𛃀゛でヱヽフウい𛃀゛でヱヽフウ
そらワ𛄀をいろとヲゝアレ
こりやアどうするの𛁠゛ アヽヨウヲヽ
𛃀ヲヽアヽレヱヲヽいゝヲヽいゝ
ハアヽアヽいゝいゝハアいゝフヽヽヽウ ま𛁠𛁠゛ヨウ
いまゝで𛄌𛁠しを𛂞゛人𛀚゛アゝフゝゝゝウゝ
たこ𛁠゛といつ𛁠𛀚゛のヲヽフヽウヽどふしてヱ
このヲヽヨヨヨウサアデヱハアヽズウ
ひちやぐちや𛁈゛𛃥つちう ち𛃥
ぐうスウ𛂂んと八𛃀んの
𛀄し𛂜𛀚ら𛃉𛀄ん𛂦゛い𛂞どふ𛁠゛
あ𛄀中𛀚゛ふく𛄀𛀄𛀚゛つてアヽ ゆの𛃝う𛂂ゐんすいぬら
どく
ヱヽモヽウくすぐつ𛁠く𛂂つてぞつ
こし𛂋𛀕𛃀゛へ𛀚゛𛂂く𛂂つて フヽヽヽウ
きりもさかひも𛂂くのヲヽい𛀪つゞけ𛁠゛ア𛂂
アヽアヽアヽアレソレ
ウヽヽくゝゝフンムフウムウヽいゝヨ
小たこ
おや𛀚𛁠𛀚゛𛁈𛃆ふと
ま𛁠𛀕𛄀𛀚゛このい𛃀゛で
さ𛂓𛀚゛しら𛀚らけつの
𛀄𛂂までこすつて
きを𛃝らせ𛁠うへでま𛁠
すい𛁠゛して𛃝る𛂋ヨチウ

現代仮名遣い編集

いつぞはいつぞと ねらいすましていた
かいがあって きょうというきょう
とうとう とらまえたア
てもむっくりとしたいいぼぼだ
いもよりは なおこうぶつだ
サアサア すってすって すいつくして
たんのうさせてから いっそ
りゅうぐうへ つれて
かこっておこうス
口にて
ズウッズッズッ
チュッチュチュッ
ズウッズウッ フフフウ
アレ にくいたこだのうフフフフ
ええ いっそ アレアレ おくの フフフフ
こつぼのくちを すわれるので
いきがはずんで アア エエモ
いっく
それなァ いぼでエエ フウフウ いぼでエエ フウフウ
そらワレを いろいろと オオオオ アレアレ
こりゃァどうするのだ アアヨウ オオオオオオ
ほオオアアレエオオオオいいいい オオいいいいいい
ハアアアアいいいい ハアいい フフフフウフフフフウ まただヨウ まただヨウ まただヨウ まただヨウ
いままでわたしをば 人が アア フフフフ ウウウウウウ
たこが たこがといったがの オオ フフ ウウウウ どうしてエ どうしてエ どうしてエ
このオオ ヨヨヨウ サアデエハ アアアアアア ズウズウズウズウズウ
ひちゃひちゃ ぐちゃぐちゃ じゅつちう ちゅちゅちゅ
ぐうぐう スウスウ なんと八ほんの
あしのからみあんばいは どうだどうだ
あれあれ 中が ふくれあがって アアアア
ゆのような いんすい ぬらぬらぬら
どくどくどく
エエ モモウ くすぐったくって ぞつぞつと
こしにおぼえが なくなって フフフフウフフフフウ
きりも さかいも なくの オオオオオオ いきつづけだァな
アアアアアア アレアレ ソレソレ
ウウウ くくく フンム フウム ウウウウ いいヨいいヨ
小たこ
おやかたがしまふと
また おれが このいぼで
さねがしらから けつの
あなまで こすってこすって
すいだしてやるにヨ チウチウ

 

この作品は1928年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。