蚕業唱歌

 實業敎育
蠶業唱歌
 洞口猷壽作歌
 田村虎藏作曲
⦅春の卷⦆
  1. がひのみちはおほかみの はじめたまひてのちに のこしたまひしものなるぞ もとたみくさは いとどかしこみうやまひて つとはげまであるべきか。
  2. そのをたつるなりはひのうこうしやうかずあれど すめらくにたまと たのむはなにがひにて 五千まんはらからやすきそのをおくるなり。
  3. 三十まんむしるゐに そのをすててわれひとたふとたからをささぐるは すんかひこただひとり さればわれねんごろごころこめてやしなはん。
  4. やまもかすみはなもさき あはせここちになりぬれば くはめだしにかんがみて たねあたたかへらせよ ぜんまかかへしなば あやまつこともたびしげし。
  5. かひこはんそのひとひとくはをばあてにすな おのがゑたるくはへやだうのたかにきき へやかひこかずをきめ おもはぬこころせよ。
  6. かひこのことはかひこにも あらざるひとるべきか をしへのままにしたがひて このむをすすめいむをさけ よきくはあたへてやしなはば むくいはたままゆあられ。
  7. くうきよへやにおき あたふるくはにむらのなく しけかわきをほどにして わがならかんだんげんをはかりしたをとれ これぞがひかなめなる。
  8. ひとはひねもすはたらけば よるにはいねていこへども かひこちうはたらきて やすむはしやうがいただ四たび きよきふしどにやすらけく ねむりつかせよみとりして。
  9. あさゆうなのつかのまも やすむひまなくいたつきを つめるくはまゆこもり やまなすえびらのそのなかひかりまばゆくてりあふは たまはやしにさもたり。
  10. けふまゆかきあなうれし かひこいはひあすにせん たまをもあざむくできばえせいれいとのたまものぞ このにひまゆさんじんに ささげていのらんそくさいを。
⦅夏の卷⦆
  1. なつきにけりとつげがほこずゑにしぐるるせみこゑ くはわかはすずしげに しげりゆくこそたのしけれ いざやくはもていでかん くはにあたなすくさぎりに。
  2. くはをつむものなれど つみてそのまますておかば えだほそりてのちの とりですくなきものぞかし こえいれおこたらず むしをもとりてつちかへよ。
  3. くはむしにはかずあれど しやくとりかみきりきんむし むしまくり、スキムシは わけてそのがいおほければ まがなすきがなくははたまひてとらころすべし
  4. えだのちぢむしゆくびやう かうやくびやうもんびやう あかしぶ、しろしぶヒシゲびやう これみなくはのあだかたき よくくばりふえぬやう こゝろにかけてとりのけよ。
  5. かぶのしげりをさまたぐる えだのこらずきりとりなつかひこのかてにせよ のこるえだはよくさかえ かたへにまゆやまいへくにとのとみまさん。
  6. みどりしたたるくははたあかたすきのほのえて うたをとこゑするは はとりをとむしとりか かごもてゆかんわれもまた ははがひくはつみに。
  7. そらあをきにいぶかしや こやのあなたにゆふだちの ふるににかよふものおとくはむそれかいさましや いざにゆかんははうへしほにかけしなつかひこ
  8. あれたまへやともとぢママ かなたのへやたなうへはななきところにはなちるは まゆをいでたるてふならむ かれそんのちに のこさんためせいしゆぞや。
  9. きみたまふかこのことうりつるにはなすならず えらべだねおやてふを さらばよきまゆらるべし さきよくまよひなば すゑだいなるそんあらん。
  10. くすしきことよこのまゆてふでずにむしる これぞさきあにぎみはなたまひしうじならん にくさもにくはらだたあはしてこらさんねゆぜめに。
⦅秋の卷⦆
  1. わがいへのみかむらさとにしよりひがしのはてにまで きしるくるまのおときくは いとくるわざがにぎはしや まゆの解けゆくしらすぢとみやまなるいとたき
  2. たへらかにねんいれて らばすぢよくふしもなく つやうるはしくのびつよたぐひまれなるいとんと うたひしうたのそのぬしとなりをとかしをらしや。
  3. てやすけれどいとくりうでおぼえのなきものに いかでさるるわざならん 一しやうならひうちなりと こころこまむちあてて はげまざらめやをとめこよ。
  4. まゆをよくりふりそろにゆをんにかげんこころをくばりつけたしを むらなくなさばいとは おのづとまさるものぞかし これぞせいかなめなる。
  5. やさしきあねはけなげにも かよわきうでによりをかけ おもきやくめのくりいといそしみはげみてるものを としわかしとてわれひとり などかむなしくあそばれん。
  6. かみのめぐみかおのれにも ちからにかなひしわざのあり しよちゆうきうさいはひに あきはわがそだてあげ しもにあへなくくはにしきのしろにかへてん。
  7. あきはわけてくはやうげんこころせよ ひもなかあつくもあさゆふあつさむさのつねならず つかのまなりとたゆみなば かへらぬやくおそはれん。
  8. をさなきうちはわかくはあたへてひてせいちやうの ほどにしたがひかたあたへてへよあきかひこ さらばみごとにおいそだち いとゆたけまゆむすばん。
  9. あなおそろしやなんくわびやう りふのうびやうかうくわびやう わづかひとつのびやうさんも 出でなばたちまちみなうつる だんたいてきこころして やまひのもとをたやせよ。
  10. はあつからずさむからず いまこそたびかうせつ がひだかきをちこちを めぐりありきわざまなびのしろをもとめなん くにためなりいへめ。
⦅冬の卷⦆
  1. がらしさむくにしみて をけこひしきふゆくれば おちちてくはふゆいたはりえだつかかぶぎはひくあぜたかはたうちかへしはるて。
  2. まきのふせわらごやうてはれぬいへなきも ゐちやづくりのかなはぬは かひこのそだちにためわるし なほせつくりをふゆうちしんちくするもふゆうちに。
  3. こやをつくらばきよらかに かぜもよくぬけもあたり やうごとにみちみちて ひとのここちのよきやうに さらばかひこによくかなひ むくゆるさちおほからん。
  4. はすなかばになりぬれば たねをしづかにとりいだうみつきみづひきいろつやに よくそそぎよきをとり はしにいとつけめをはかり みづにてあらようせよ。
  5. とううちせいてんをばえらみてあさはやたらひきよみづなかたねをしばしたねをはけもておもむろに でてけがれをはらふべし。
  6. あらひあげたるたねがみもとのめかたにほしかへはこにかこひておごそかに あぶらとほくさけ やすくふゆそらこさしめよ ここぞほうきようのわかれみち
  7. かれをかざるむつはな ぎんわたうるはしや いぬこらきやうがれど われはひとうちあみまぶしをつくりなし はるかいこようせん。
  8. いまのしやくわいひとでさへ とくなきもののおほかるに ひととくなるじんしん ちうしんむつとく もれなくちいさきにあつむ しんかひこかみむし
  9. ああしたはしやむしでさへ うゑせまるもむさぼらず ぎやうただしくいとはきて たつるいさをはいとしるし われひとなりすとても くちいさをにたてん。
  10. ないことなくあたいとがねにすがたかへ うらくらたつ。ことなりぬママ ことももはやけふかぎり あすはめでたきはるむかへ またもがひしたしまん。(をはり)

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。