相対性理論 特殊相対性理論と一般相対性理論/序文


序文編集

本書は、一般的な科学的、哲学的見地から、相対性理論に関心を持ちながら、理論物理学の数学的道具に通じていない読者に、相対性理論を正確に洞察してもらうことを可能な限り意図したものである。この本は、大学の入学試験に相当する教育水準と、短い本であるにもかかわらず、読者の側にかなりの忍耐力と意志の強さがあることを前提としている。著者は、主要な概念を最も単純で平易な形で、全体として、それらが実際に発生した順序と関連で提示することに、いかなる努力も惜しまなかった。わかりやすくするために、プレゼンテーションの優雅さには少しも注意を払わず、頻繁に自分の意見を繰り返すことは避けられないと思われた。私は、あの優れた理論物理学者であるL.ボルツマンの教えを忠実に守っている。ボルツマンによれば、エレガンスの問題は仕立て屋や靴屋に任せておけばよいということだ。私は読者に対して、このテーマにつきものの難問を避けたふりをするつもりは毛頭ない。その一方で、物理学をよく知らない読者が、木を見て森を見ずというような思いをしないように、理論の実証的な物理的基礎をあえて「継母」のように扱った。この本が誰かにとって示唆に富む幸せな時間をもたらすことができる事を願う。

1916年12月
A. アインシュタイン

脚注編集