盗まれた細菌とその他の事件/剥製師の手柄話


ここでは、剥製作りの秘密をご紹介する。これらは、剥製師が高揚した気分で私に語ったものである。ウィスキーの1杯目から4杯目までの間、男がもはや用心深くはないが、まだ酔ってはいないときに教えてくれたのだ。私たちは彼の書斎、居間、食事室で、視覚の限りでは、彼が商売をする騒々しい書斎からビーズのカーテンで仕切られていた。

彼はデッキチェアに座り、耐火性の石炭のかけらを叩いていないときは、サンダルの要領でカーペットのスリッパの聖遺物を履いた足を、マントルピースの上、ガラスの目の間に置いて、邪魔にならないようにしていた。そして、彼のズボンは、ところで、彼の勝利とは何の関係もないが、最も恐ろしい黄色の格子縞で、我々の父親が横ひげをつけ、この土地にクリノリンがあったときに作られたようなものであった。さらに、彼の髪は黒く、顔はバラ色、目は燃えるような茶色で、コートはベルベットの下地に主にグリースを塗ったものだった。そして、彼のパイプには、聖母マリアの陶器の鉢があり、彼のメガネはいつも歪んでいて、左目は裸眼であなたを睨みつけ、小さく、鋭い。このように、彼の話は続く。「ベローズ、私のような剥製を作れる人間はいなかった。私は象の剥製や蛾の剥製を作ったが、それらはより生き生きとした良いものに見えた。人間も剥製にしたことがある。主にアマチュアの鳥類学者だ。でも黒人を剥製にしたことはありますよ。

「法律で禁止されているわけではありません。指を全部抜いて帽子掛けにしたんだ でもホーマズビーのバカが 深夜に喧嘩して 台無しにしたんだ あなたの時代より前のことです。皮はなかなか手に入らないし、もう一枚欲しいくらいだ。」

「不愉快?そうかな?剥製は埋葬や火葬に代わる 第三の方法として有望だ 親愛なる人物を保管できる 家中にあるその種の骨董品は、普通の会社と同じくらい良いものだし、はるかに安価だ。時計仕掛けで何かをさせることもできるだろう。」

「もちろん、ニスを塗らなければならないが、多くの人が自然に使っている以上の輝きは必要ない。マニングツリー爺さんのハゲ頭......。いずれにせよ、会話は途切れることなくできる。おばさんでもね。剥製には大きな未来がある。化石もあるし......。」

彼は急に黙ってしまった。

「いや、それは言わない方がいいと思うんだ。彼は考え込むようにパイプを吸った。"ありがとう、はい。水もあまり多くない。 "もちろん、今話したことはこれ以上進みませんよ。"ドードーやオオウミガラスを 作ったことは?" "いいえ 君は剥製は素人だ 世界中の大アホの半分は 聖ベロニカのハンカチやトレベスの聖衣と同じで 本物ではないよ カイツブリの羽で作ったものだ 大アークの卵もだ!」

「なんということだ!」

「そうなんです、高級磁器で作っているんです。その価値はありますよ。先日も300ポンドの値がつきました。あれは本物だと思うが 確信はない とても素晴らしい仕事です。そして、その後、埃を被らなければなりません。この貴重な卵を所有する人は、埃を掃除する勇気がないのです。そこがこの商売のいいところです。卵を疑っても、あまり詳しく調べようとはしない。よく言えば、もろい資本なのです。」

「剥製があんなに高くなったのは知らなかっただろう。我が子よ、それはもっと高いところにある 私は自然界に匹敵するほどの腕前だ。本物の大アークの一匹は、私が作ったんだ。」

「いいえ、鳥類学を勉強して、自分でどれがそうなのか調べなければなりません。それに、私は売人のシンジケートから、アイスランドの北にある未踏査のスケリーのひとつに標本を仕入れるよう打診されているんだ。いつかはそうするかもしれない。だが今は別のことをやっている ディノルニスって知ってるかい?」

「最近ニュージーランドで絶滅した大型の鳥の一種です。"モア "というのが通称で、絶滅したからこう呼ばれている:今はモアはいない。ほらね?モアの骨や沼地から羽毛や乾燥した皮が 見つかってるんだ さて、私はこれから......いや、そんなことはどうでもよくて、モアの剥製を作ろうと思っているんだ。防腐剤の効いた沼地で発見したことにして、バラバラになりそうなところをすぐに剥製にした、という人を知っているんです。羽は独特ですが、私はダチョウの羽の焼け焦げた部分をかわすのがとても上手なんです。そうそう、これが新しい匂いなんですよ。顕微鏡で見なければわからないが、そのためにいい標本をバラバラにするのは気が引ける。」

「こうして私は科学の進歩に貢献しているのです。」

「しかし、これはすべて自然の真似に過ぎない。私はそれ以上のことをやってきた。私は自然を打ち負かしたのだ。」

彼はマントルボードから足を降ろすと、私の方に身を乗り出して自信なさげに言った。「私は鳥を作ったんだ」と彼は低い声で言った。「新しい鳥だ。改良されたものだ。今まで見たこともないような鳥をね。」

彼は印象的な沈黙の間、その姿勢を保った。

「宇宙を豊かにする;rath-er。私が作った鳥の中には、新しい種類のハチドリや、とても美しい小鳥もありましたが、中には単にラム酒を入れただけのものもありました。最もラム酒っぽかったのは、アノマロプテリクス・ジェジュナだと思う。ジェジュナスとは「空っぽ」という意味で、中身が何もない鳥のことです。今はジャヴァースが持っているが、私と同じように自慢しているのだろう。傑作だよ、ベローズ。ペリカンの不器用さ、オウムの威厳のなさ、フラミンゴの不格好さ、オシドリの贅沢な色彩の相異がすべて備わっている。そんな鳥。コウノトリとオオハシの骨格と大量の羽毛で作ったんだ。このような剥製は、芸術の真の芸術家にとって、まさに純粋な喜びなんだ、ベローズ。」

「どうやって作ったか?偉大な発明はすべてそうであるように、単純なものだ。新聞にサイエンス・ノートを書いてくれる若い天才の一人が、ニュージーランドの鳥に関するドイツのパンフレットを手に入れ、辞書と母国語を使ってその一部を翻訳した。彼は、小さな母親を持つ非常に大きな家族の一人だったに違いないが、現存のアプテリクスと絶滅したアノマロプティクスの間に入り込み、北島のジャングルで暮らす高さ5フィートもある鳥について、珍しい、内気、標本の入手が困難などと言っている。ジャヴァースは、コレクターとしては奇跡的に無知な男だが、この文章を読んで、何としてもこの鳥を手に入れようと誓った。販売店に問い合わせをした。人が執念と意志の力によって何ができるかを示している。ここに、存在しない鳥、存在したことのない鳥、そしてそれ自身の不敬な不格好さを恥じて、おそらく助けられるなら今も存在しないであろう鳥の標本を手に入れると誓った鳥コレクターがいたのである。そして彼はそれを手に入れた。手に入れたのだ。」

「もっとウィスキーを飲むか、ベローズ?」 剥製師は言った 意志の力と心の収集の謎の一時的な熟考から自分を奮い立たせた。そして、人魚を作ったこと、その人魚のために聴衆を得られなかった巡回牧師が、バーズレムのお通夜で偶像崇拝かそれ以上のものであると言って、それを叩き壊したことを話し始めたのである。しかし、この取引の当事者たち、創作者、保存者になろうとする者、破壊者の会話は、一様に出版には適さないものであったため、この陽気な出来事はまだ印刷されないままでなければならない。

収集家の暗躍を知らない読者は、私の剥製師を疑うかもしれないが、オオコノハズクの卵や偽物の鳥の剥製に関する限り、著名な鳥類学者から太鼓判を押されていることが分かる。ニュージーランドの鳥に関するメモは、確かに評判の良い朝刊に掲載されたもので、剥製師はそのコピーを保管しており、私に見せてくれた。

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。