現代かなづかい (昭和21年内閣告示第33号)

◎内閣告示第三十三号

 現代国語の口語文を書きあらわすかなづかいを、次のように定める。

昭和二十一年十一月十六日

内閣総理大臣  吉  田    茂


現代かなづかい編集

まえがき編集

1 このかなづかいは,大体,現代語音にもとづいて,現代語をかなで書きあらわす場合の準則を示したものである。

1 このかなづかいは,主として現代文のうち,口語体のものに適用する。

1 原文のかなづかいによる必要のあるもの,またはこれを変更しがたいものは除く。

編集

発音 新かなづかい 備考(旧かなづかいを示す)
くわ
ぐわ

編集

発音 新かなづかい 備考(旧かなづかいを示す)
ユウ ゆう いう,いふ,ゆふ
オオ おう あう,わう,あふ,はう
コオ こう かう,くわう,かふ,こふ
ゴオ ごう がう,ぐわう,がふ,ごふ
ソオ そう さう,さふ
ゾオ ぞう ざう,ざふ
トオ とう たう,たふ
ドオ どう だう
ノオ のう なう,なふ,のふ
ホオ ほう はう,はふ,ほふ
ポオ ぽう ぱう
ボオ ぼう ばう,ばふ,ぼふ
モオ もう まう
ヨオ よう やう,えう,えふ
ロオ ろう らう,らふ

編集

発音 新かなづかい 備考(旧かなづかいを示す)
キュウ きゅう きう,きふ
ギュウ ぎゅう ぎう
シュウ しゅう しう,しふ
ジュウ じゅう じう,じふ,ぢゆう
チュウ ちゅう ちう
ニュウ にゅう にう,にふ
ヒュウ ひゅう ひう
ビュウ びゅう びう
リュウ りゅう りう,りふ

編集

発音 新かなづかい 備考(旧かなづかいを示す)
キョオ きょう きやう,けう,けふ
ギョオ ぎょう ぎやう,げう,げふ
ショオ しょう しやう,せう,せふ
ジョオ じょう じやう,ぢやう,ぜう,でう,でふ
チョオ ちょう ちやう,てう,てふ
ニョオ にょう ねう
ヒョオ ひょう ひやう,へう
ビョオ びょう びやう,べう
ミョオ みょう みやう,めう
リョオ りょう りやう,れう,れふ

細 則編集

細則

第1 と書く。ただし助詞のを除く。編集

  例

1,と書くもの編集

ど(ヰド) のしし(ヰノシシ×{テンプレート:6) くわクワヰ ×{テンプレート:6) あアヰ×{テンプレート:6) まる(マヰる) る(る)』 びょう(ヰビヤウ) けんケンヰ) ち(ヰチ) さん(ヰサン) にん(ヰニン) たいタイヰ)』 くき(クヰキ)』 しょくん(シヨクヰン) びょうん(ビヤウヰン) よん(ヨヰン)』 すどう(スヰダウ) すさつ(スヰサツ) すじ(スヰジ) すじゃく(スヰジヤク) ずぶん(ズヰブン) いっつイツツヰ)』 ゆごん(ユヰゴン)』 しんるシンルヰ

2,と書くもの編集

コヱ) つツヱ×{テンプレート:6)』 すスヱ) うる(ゑる) する(×{テンプレート:6ゑる)』 とく(ヱトク) ちチヱ××{テンプレート:6) こう(ヱカウ) このコノヱ)』 ちょうつ(テウヱツ)』 んきん(ヱンキン) こうん(コウヱン) けんん(ケンヱン ×{テンプレート:6) いちん(イチヱン) ぎょん(ギヨヱン ×{テンプレート:6) んさ(ヱンサ××{テンプレート:6) んじょ(ヱンジヨ) んざい(ヱンザイ× {テンプレート:6

3,と書くもの編集

け(ヲケ×{テンプレート:6) か(ヲカ×{テンプレート:6) うウヲ) とトヲ)』 ど(ヲドる) しえる(ヲシへる) しれる(シヲ×{テンプレート:6れる)』 しい(しい) かしい(をかしい) あい(あヲい)』  めい(ヲメイ) かん(ヲカン)』 ろうう(ラウヲウ)』 かく(カヲク)』 んど(ヲンド) へいん(ヘイヲン) くん(クヲン) んりょう(ヲンリヤウ× {テンプレート:6

第2 くわぐわと書く。編集

  例

1,くわと書くもの編集

がく(クワガク) へい(クワヘイ) ふん(クワフン) けっケツクワ) し(クワシ) こ(クワコ) がく(クワガク) じ(クワジ) もく(クワモク)』 いぎ(クワイギ) いが(クワイガ) こうい(コウクワイ) はい(ハクワイ) いすう(クワイスウ) きい(キクワイ) ゆい(ユクワイ)』 くとく(クワクトク) くだい(クワクダイ)』 つどう(クワツダウ) こうつ(カウクワツ××{テンプレート:6) んげい(クワンゲイ) んり(クワンリ) きん(キクワン) いっん(イツクワン

2,ぐわと書くもの編集

れき(グワレキ××{テンプレート:6) しょう(グワシヤウ×{テンプレート:6) いこく(グワイコク)』 いちつ(イチグワツ)』 んり(グワンリ) んやく(グワンヤク) こんん(コングワン

第3 と書く。編集

  例

1,と書くもの編集

アヂ) ふフヂ×{テンプレート:6) わらワラヂ ×{テンプレート:6) ねる(×{テンプレート:6ぢる) はる(ぢる) よる(×{テンプレート:6ぢる)』 ぞく(ヂゾク) ×{テンプレート:6)』 く(ヂク) んち(ヂンチ)』 ょせい(ヂヨセイ) さくょ(サクヂヨ

2,と書くもの編集

ら(ウヅラ×{テンプレート:6) うウヅ×{テンプレート:6) みミヅ) ゆる(ユヅる) うめる(ウヅめる) さける(サヅける)』 めらしい(メヅらしい) はかしい(ハヅかしい)』 しかに(シヅかに) まづ)』 だいダイヅ) じょう(ヅジヤウ) さんのかわ(サンヅカハ) が(ヅグワ

たゞし編集

(1)2語の連合によって生じたと書く。編集

  例
はな(鼻血) もらいち(もらひ乳)』 ひりめん(×{テンプレート:6×{テンプレート:6) ちかか(近々)』 みそけ(味×{テンプレート:6×{テンプレート:6) みかき(三日月)』 ひきな(引綱) つねね(常々)』 いれえ(入×{テンプレート:6×{テンプレート:6) ちゃのみゃわん(茶飲茶×{テンプレート:6

(2)同音の連呼によって生じたは,と書く。編集

  例
み(縮み) ちぢ(縮む)』 つみ(鼓) つら(×{テンプレート:6×{テンプレート:6) つく(続く) つる(×{テンプレート:6る)

第4 に発音されるは,と書く。たゞし助詞のは,と書くことを本則とする。編集

  例
ら(カハラ×{テンプレート:6) かカハ) にニハ)』 あらす(アラハす) まる(マハ×{テンプレート:6る) これる(コハ×{テンプレート:6れる)』 あらない(アラはない) あつかない(アツカはない) うたない(ウタはない)』 かいらしい(かはいらしい) くしい(クハしい) けしい(ケハしい)』 にかに(ニハ×{テンプレート:6かに) すなち(スナハち)』 びビハ××{テンプレート:6) びビハ××{テンプレート:6

第5 に発音されるは,と書く。編集

  例
うぐす(ウグヒス×{テンプレート:6) たタヒ×{テンプレート:6) はハヒ) いわけ(イヒワケ)』 つやす(ツヒヤす) たらげる(タヒラげる)』 ならます(ナラひます) おもます(オモひます) したがます(シタガひます)』 ちさい(チヒさい) こしい(コヒしい) つに(ツヒに)

第6 に発音されるは,と書く。編集

  例
あらアラふ) まふ) あふ) かふ) うたウタふ) しなシナ×{テンプレート:6ふ) いふ) くふ) すふ) ぬふ) ゆふ) くるクルふ) あらそアラソふ) うけおウケオふ) おもオモふ)』 あやい(アヤフい)

第7 に発音されるは,と書く。編集

  例
い(アフヒ×{テンプレート:6)』 あぐ(アフぐ) ある(アフ×{テンプレート:6る) たす(タフす)

第8 に発音されるは,と書く。たゞし助詞のは,と書くことを本則とする。編集

  例
る(カヘル×{テンプレート:6) いイヘ) まマヘ) かんがカンガヘ)』 かる(カヘる) さずる(サヘヅ×{テンプレート:6る) すくスクへ) ひろヒロへ)』 さ(助詞さへ)

第9 に発音されるは,と書く。編集

  例
いきい(イキホヒ) かカホ) しシホ) にい(ニホヒ×{テンプレート:6) おかみ(オホカミ×{テンプレート:6) おやけ(オホヤケ) こり(コホリ) ころぎ(コホロギ××{テンプレート:6) ほずき(ホホヅキ ×{テンプレート:6) ほホホ×{テンプレート:6) ほのき(ホホノキ× {テンプレート:6) もよし(モヨホし)』 なす(ナホす) しおせる(シオホせる) とどこる(トドコホる) とる(トホる)』 おい(オホい) おきい(オホきい) とい(トホい)』 なナホ

第10 の長音は,うと書く。編集

  例

1,うをうと書くもの編集

ゆうじん(イウジン) ゆうげん(イウゲン) ゆうびん(イウビン) ゆうわく(イウワク) りゆうリイウ) しょゆうシヨイウ) ゆうぎ(イウギ) ゆうぜん(イウゼン× {テンプレート:6) ゆうりょ(イウリヨ

2,いふゆうと書くもの編集

ゆうトイフ ×{テンプレート:6

3,ゆふゆうと書くもの編集

ゆうがた(ユフガタ

第11 列長音は,列のかなにをつけて書く。編集

  例
ねえさん(姉さん) ええ(応答の語)

第12 の長音は,おうと書く。編集

  例

1,あうおうと書くもの編集

おうか(アウクワ) ちゅうおうチユウアウ) おうむ(アウム××{テンプレート:6) おうう(アウウ

2,わうおうと書くもの編集

おうヨワう)』 おうらい(ワウライ) こくおうコクワウ) おうせい(ワウセイ× {テンプレート:6) おうじ(ワウジ) おうごん(ワウゴン) おうし(ワウシ

3,あふおうと書くもの編集

おうぎ(アフギ) おうみ(アフミ) おうとつ(アフトツ××{テンプレート:6) おうなつ(アフナツ ×{テンプレート:6) おうりょくこう(アフリヨクカウ×  {テンプレート:6

4,はうおうと書くもの編集

おう×{テンプレート:6はう) かおうはう) まおうはう) こおうコハう)

第13 およびの長音はこうごうと書く。編集

  例

1,かうこうと書くもの編集

こうじ(カウヂ×{テンプレート:6) こうがい(カウガイ×{テンプレート:6) こうべ(カウベ)』 さこうかう) きこうかう)』 こうばしい(かうばしい)』 あこうアカう) ちこうチカう) こう×{テンプレート:6う)』 こううん(カウウン) こうりょ(カウリヨ) ほうこうハウカウ) しゅこうシユカウ ×{テンプレート:6) こうすい(カウスヰ) こうぎ(カウギ) こうざん(カウザン) こうかい(カウカイ) こうふく(カウフク) こうか(カウクワ) こうつう(カウツウ) こうふく(カウフク) こうふう(カウフウ) こうい(カウヰ) けんこうケンカウ

2,くわうこうと書くもの編集

こうせん(クワウセン) こうだい(クワウダイ× {テンプレート:6) こうきょう(クワウケフ) こうしょく(クワウシヨク) こうぞく(クワウゾク) こうてん(クワウテン

3,かふこうと書くもの編集

こうおつ(カフオツ) たいこうタイカフ ×{テンプレート:6) こうかく(カフカク× {テンプレート:6

4,こふこうと書くもの編集

こう(×{テンプレート:6

5,がうごうと書くもの編集

いそごう(イソがう)』 なごうナガう)』 ばんごうバンガウ) さいごうサイガウ) ごういん(ガウイン) ぶんごうブンガウ) ごうぜん(ガウゼン× {テンプレート:6

6,ぐわうごうと書くもの編集

ごうごう(グワウ×{テンプレート:6々)

7,がふごうと書くもの編集

いちごうイチガフ

8,ごふごうと書くもの編集

えいごうエイゴフ ×{テンプレート:6) ざいごうザイゴフ

第14 およびの長音はそうぞうと書く。編集

  例

1,さうそうと書くもの編集

はなそうハナさう) かえそうカヘさう) ちらそうらさう)』 あそうアサう)』 そうう)』 そうじ(サウヂ) いっそうイツサウ) そうが(サウガ××{テンプレート:6) そうちょう(サウテウ) そうい(サウヰ) そうこ(サウコ) じゅうそうヂユウサウ ×{テンプレート:6) そうねん(サウネン) たいそうタイサウ) そうもく(サウモク) そうどう(サウドウ) そうとう(サウトウ) そうしつ(サウシツ) そうしき(サウシキ

2,さふそうと書くもの編集

そうろう(サフラふ)』 そうわ(サウワ× {テンプレート:6

3,ざうぞうと書くもの編集

せいぞうセイザウ) ぞうしょ(ザウシヨ) ぞうザウ) しょうぞうセウザウ

4,ざふぞうと書くもの編集

ぞうきん(ザフキン ×{テンプレート:6

第15 およびの長音はとうどうと書く。編集

  例

1,たうとうと書くもの編集

とうげ(タウゲ) たとうがみ(タタウガミ)』 うとうたう) かとうたう) たとうたう)』 いとうイタう) かとうカタう)』 とうけん(タウケン) とうしょ(タウシヨ ×{テンプレート:6) とうばつ(タウバツ) とうぞく(タウゾク) さとうサタウ) とうぜん(タウゼン) ねっとうネツタウ) おうとうアウタウ) とうき(タウキ) とうキタウ ×{テンプレート:6) ついとうツヰタウ

2,たふとうと書くもの編集

とうべん(タフベン) とうタフ) とうは(タフハ) すいとうスヰタフ

3,だうどうと書くもの編集

どうろ(ダウロ) こうどうカウダウ) かいどうカイダウ ×{テンプレート:6) ぶどうブダウ××{テンプレート:6

第16 の長音はのうと書く。編集

  例

1,なうのうと書くもの編集

のうなう)』 あぶのう(あぶなう)』 だいのうダイナウ) くのうクナウ) のうちゅう(ナウチユウ× {テンプレート:6

2,なふのうと書くもの編集

のうにゅう(ナフニフ

3,のふのうと書くもの編集

のうキノフ

第17 およびの長音はほうぽうぼうと書く。編集

  例

1,はうほうと書くもの編集

ほうき(ハウキ×{テンプレート:6) ほうむる(ハウムる)』 ほうこく(ハウコク) ほうか(ハウカ) こくほうコクハウ) ほうさく(ハウサク) ほうかつ(ハウクワツ) ほうび(ハウビ× {テンプレート:6

2,はふ(またはほふ)をほうと書くもの編集

ほうる(ハフる) ほうりつ(ハフリツ) ほうし(ホフシ

3,ぱうぽうと書くもの編集

はっぽうハツパウ

4,ぱふ(またはぽふ)をぽうと書くもの編集

りっぽうリツパフ) せっぽうセツポフ

5,ばうぼうと書くもの編集

あそぼうアソばう) とぼうばう) はこぼうハコばう)』 ぼうどう(バウドウ) ぼうけん(バウケン) ぼうず(バウズ) しょぼうシヨバウ) めつぼうメツバウ) きぼうキバウ) ぼうちょう(バウチヤウ

6,ばふ(またはぼふ)をぼうと書くもの編集

びんぼうビンバフ  ボフ{テンプレート:6

第18 の長音はもうと書く。編集

  例

まうもうと書くもの編集

もうける(マウ×{テンプレート:6ける) もうす(マウす)』 やすもうヤスまう) たのもうタノまう)』 あもうアマう) せもうセマう)』 もうはつ(マウハツ) もうどう(マウドウ× {テンプレート:6) もうもく(マウモク) ほんもうホンマウ) もうまく(マウマク

第19 の長音はようと書く。編集

  例

1,やうようと書くもの編集

ようか(ヤウカ』 はようハヤう)』 ようやく(ヤウヤく)』 ようもう(ヤウマウ) かいようカイヤウ) ようしき(ヤウシキ) たいようタイヤウ) ようりゅう(ヤウリウ× {テンプレート:6

2,えうようと書くもの編集

ようりょう(エウリヤウ) にちようニチエウ) ようはい(エウハイ× {テンプレート:6) ようきょく(エウキヨク) ようねん(エウネン) ようせつ(エウセツ× {テンプレート:6

3,えふようと書くもの編集

こうようコウエフ

第20 の長音はろうと書く。編集

  例

1,らうろうと書くもの編集

いのろうイノらう) かえろうカヘらう)』 くろうクラう) かろうカラう) あろうアラう)』 ろうじん(ラウジン) ろうどう(ラウドウ) めいろうメイラウ) ろうか(ラウカ) たろうタラウ

2,らふろうと書くもの編集

ろうそく(××{テンプレート:6) きゅうろう ×{テンプレート:6

第21 キュおよびギュの長音はきゅうぎゅうと書く。編集

  例

1,きうきゅうと書くもの編集

おおきゅうオホきう)』 きゅうよう(キウヤウ) きゅうりょう(キウリヨウ) えいきゅうエイキウ) ようきゅうエウキウ) きゅうてき(キウテキ× {テンプレート:6) きゅうキウ×{テンプレート:6

2,きふきゅうと書くもの編集

きゅうむ(キフム) きゅうだい(キフダイ) こきゅうコキフ) かいきゅうカイキフ) かんきゅうカンキフ) きゅうよ(キフヨ

3,ぎうぎゅうと書くもの編集

ぎゅうにゅう(ギウニユウ

第22 シュおよびジュの長音はしゅうじゅうと書く。編集

  例

1,しうしゅうと書くもの編集

しゅうと(シウト×{テンプレート:6) しゅうとめ(シウトメ×{テンプレート:6) あたらしゅうアタラしう) すずしゅうスズしう)』 しゅうよう(シウヤウ) しゅううん(シウウン) しゅうじん(シウジン) ゆうしゅうイウシウ) しゅうぎょう(シウゲフ) しゅうにゅう(シウニフ) しゅうき(シウキ) ばんしゅうバンシウ) きゅうしゅうキウシウ) しゅうちょう(シウチヤウ× {テンプレート:6) しゅうい(シウヰ) こんしゅうコンシウ

2,しふしゅうと書くもの編集

しゅうとく(シフトク) しゅうちゃく(シフチヤク) しゅうちゅう(シフチユウ) しゅうめい(シフメイ) れんしゅうレンシフ) へんしゅうヘンシフ ×{テンプレート:6

3,じうじゅうと書くもの編集

じゅうなん(ジウナン) じゅうるい(ジウルヰ

4,じふじゅうと書くもの編集

じゅうジフ) ぼくじゅうボクジフ× {テンプレート:6) じゅうき(ジフキ ×{テンプレート:6

5,ぢゆうじゅうと書くもの編集

じゅうやく(ヂユウヤク) じゅうきょ(ヂユウキヨ) まんじゅうマンヂユウ× {テンプレート:6

第23 チュの長音はちゅうと書く。編集

  例

ちうちゅうと書くもの編集

はくちゅうハクチウ) ちゅうぞう(チウザウ) ちゅうたい(チウタイ× {テンプレート:6) うちゅうウチウ) ちゅうしゅつ(チウシユツ) せいちゅうセイチウ××{テンプレート:6

第24 ニュの長音はにゅうと書く。編集

  例

1,にうにゅうと書くもの編集

にゅうわ(ニウワ

2,にふにゅうと書くもの編集

にゅうがく(ニフガク

第25 ヒュおよびビュの長音はひゅうびゅうと書く。編集

  例

1,ひうひゅうと書くもの編集

ひゅうが(ヒウガ

2,びうびゅうと書くもの編集

びゅうゴビウ ×{テンプレート:6

第26 リュの長音はりゅうと書く。編集

  例

1,りうりゅうと書くもの編集

りゅうい(リウイ) せんりゅうセンリウ) りゅうこう(リウカウ

2,りふりゅうと書くもの編集

こんりゅうコンリフ) いちりゅうイチリフ

第27 キョおよびギョの長音はきょうぎょうと書く。編集

  例

1,きやうきょうと書くもの編集

きょうたん(キヤウタン) ねっきょうネツキヤウ) きょうだい(キヤウダイ) きょうそう(キヤウソウ) きょうだい(キヤウダイ) きょうりょく(キヤウリヨク) とうきょうトウキヤウ) きょうもん(キヤウモン) こきょうコキヤウ) きょうおう(キヤウオウ× {テンプレート:6

2,けうきょうと書くもの編集

きょうごう(ケウガフ) きょういく(ケウイク) てっきょうテツケウ) きょうぼく(ケウボク× {テンプレート:6

3,けふきょうと書くもの編集

きょうケフ) きょうい(ケフヰ) きょうりょく(ケフリヨク) きょうき(ケフキ× {テンプレート:6

4,ぎやうぎょうと書くもの編集

しゅぎょうシユギヤウ) にんぎょうニンギヤウ

5,げうぎょうと書くもの編集

こんぎょうコンゲウ) ぎょうしゅん(ゲウシユン××{テンプレート:6

6,げふぎょうと書くもの編集

ぎょうむ(ゲフム

第28 ショおよびジョの長音はしょうじょうと書く。編集

  例

1,しやうしょうと書くもの編集

しょうじき(シヤウヂキ) しょうばい(シヤウバイ) しょうさい(シヤウサイ) ふしょうフシヤウ) いっしょうイツシヤウ) しょうか(シヤウカ) しょうらい(シヤウライ) ぶんしょうブンシヤウ

2,せうしょうと書くもの編集

まいりましょうマヰりませう) よいでしょう(よいでせう)』 しょうせつ(セウセツ) しょうねん(セウネン) しょうそく(セウソク) しょうしゅう(セウシフ) しょうだい(セウダイ) しょうめい(セウメイ) びしょうビセウ) しょうしつ(セウシツ) あんしょうアンセウ

3,せふしょうと書くもの編集

こうしょうカウセフ) さいしょうサイセフ ×{テンプレート:6) しょうけい(セフケイ× {テンプレート:6

4,じやうじょうと書くもの編集

じょうず(ジヤウズ) かんじょうカンジヤウ) じょうたい(ジヤウタイ) じょうほ(ジヤウホ) じょうじゅ(ジヤウジユ) じんじょうジンジヤウ) 

5,ぢやうじょうと書くもの編集

じょうシヂヤウ) れいじょうレイヂヤウ) じょうぶ(ヂヤウブ) じょうせき(ヂヤウセキ) じょうヂヤウ

6,ぜうじょうと書くもの編集

じょうぜつ(ゼウゼツ× {テンプレート:6) そうじょうサウゼウ ×{テンプレート:6

7,でうじょうと書くもの編集

さんじょうサンデウ

8,でふじょうと書くもの編集

ろくじょうロクデフ) いちじょうイチデフ ×{テンプレート:6

第29 チョの長音はちょうと書く。編集

  例

1,ちやうちょうと書くもの編集

ちょうかい(チヤウクワイ) ちょうたん(チヤウタン) ちょうチヤウ) ちょうしゅ(チヤウシユ) ちょうちん(チヤウチン) いっちょうイツチヤウ ×{テンプレート:6

2,てうちょうと書くもの編集

ちょうでん(テウデン) ちょうるい(テウルヰ) ちょうしょく(テウシヨク) ぜんちょうゼンテウ) ちょうし(テウシ) ちょうこく(テウコク

3,てふちょうと書くもの編集

ちょうテフ×{テンプレート:6) つうちょうツウテフ ×{テンプレート:6

第30 ニョの長音はにょうと書く。編集

  例

ねうにょうと書くもの編集

にょうネウ

第31 ヒョおよびビョの長音はひょうびょうと書く。編集

  例

1,ひやうひょうと書くもの編集

ひょうばん(ヒヤウバン) ひょうそく(ヒヤウソク) たいひょうタイヒヤウ

2,へうひょうと書くもの編集

ひょうり(ヘウリ) にひょうニヘウ) とうひょうトウヘウ) ひょうヘウ×{テンプレート:6

3,びやうびょうと書くもの編集

びょうぶ(ビヤウブ× {テンプレート:6) びょうき(ビヤウキ) びょうビヤウ×{テンプレート:6

4,べうびょうと書くもの編集

びょうしゃ(ベウシヤ) れいびょうレイベウ ×{テンプレート:6

第32 ミョの長音はみょうと書く。編集

  例

1,みやうみょうと書くもの編集

みょうにち(ミヤウニチ) じゅみょうジユミヤウ) みょうだい(ミヤウダイ) みょうが(ミヤウガ) 

2,めうみょうと書くもの編集

みょうぎ(メウギ) みょうじ(メウジ

第33 リョの長音はりょうと書く。編集

  例

1,りやうりょうと書くもの編集

ぜんりょうゼンリヤウ) りょうほう(リヤウハウ) りょうど(リヤウド) せいりょうセイリヤウ) りょうさつ(リヤウサツ× {テンプレート:6) ぶんりょうブンリヤウ

2,れうりょうと書くもの編集

りょうり(レウリ) しゅうりょうシユウレウ) かんりょうクワンレウ) りょうレウ) せきりょうセキレウ ×{テンプレート:6) ぶりょうブレウ ×{テンプレート:6

3,れふりょうと書くもの編集

りょうレフ

注意 1編集

「クワ・カ」「グワ・ガ」および「ヂ・ジ」「ヅ・ズ」をいい分けている地方に限り,これを書き分けてもさしつかえない。

注意 2編集

語例の下に示した漢字中,当用漢字表外のものには×印をつけた。また漢字の右側につけた片かなは旧かなづかいを示す。

〔備考〕編集

第1 ア列長音は,ア列のかなにをつけて書く。

第2 イ列長音は,イ列のかなにをつけて書く。

第3 ウ列長音は,ウ列のかなにをつけて書く。

第4 エ列長音は,エ列のかなにをつけて書く。

第5 オ列長音は,オ列のかなにをつけて書くことを本則とする。

第6 ア列ヨウ音の長音は,ア列ヨウ音のかなにをつけて書く。

第7 ウ列ヨウ音の長音は,ウ列ヨウ音のかなにをつけて書く。

第8 オ列ヨウ音の長音は,オ列ヨウ音のかなにをつけて書くことを本則とする。

第9 ヨウ音をあらわすには,を用い,なるべく右下に小さく書く。

第10 促音をあらわすには,を用い,なるべく右下に小さく書く。

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公󠄁文書
  2. 新聞紙及定期刊行物ニ記載シタル雜報及政事上ノ論說若ハ時事ノ記事
  3. 公󠄁開セル裁判󠄁所󠄁、議會竝政談集會ニ於󠄁テ爲シタル演述󠄁

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。