「Wikisource:免責事項」の版間の差分

編集の要約なし
(前編集 (2016年10月27日 (木) 06:17‎) はoldwikisource:Wikisource:General disclaimer (11:37, 2 March 2014‎) をもとに修正)
::'''筆者、寄稿者、支援者、[[Wikisource:管理者|管理者]]、またはシステムオペレーター等、ウィキソース・プロジェクトに関わりのあるいかなる者も、不正確または中傷的な情報が掲載されていることや、本サイト内の情報または本サイト内からリンクしている外部サイトの情報を利用者が利用することについて、一切の責任を負いません。'''
 
本サイト内に投稿されたほとんどの情報は[[w:パブリック・ドメイン|パブリック・ドメイン]]であるものと理解してください。利用者は、ウィキソース・プロジェクトに参加している私たちと同様に、本サイト内にあるほとんどの情報を制限なく、自由かつ無償で複写することができます。そのほかのすべての素材についても、制限なく自由かつ無償で提供されています。利用者は、本サイトの所有者もしくは他の利用者、それを保存するサーバの所有者、ウィキソースに寄稿する個人、全プロジェクトの管理者、システムオペレーター、または方法のいかんを問わず本プロジェクトもしくは姉妹プロジェクトと関連のある人物が、直接的に利用者の要求に従属するような、いかなる種類の同意または契約も締結することはできません。利用者は本サイトからいかなる内容を複製するにあたっ際し、制約付きのライセンス(利用許諾)が認められます。ただしライセンスは、ウィキソースまたはその代理人、構成者、主催者もしくは他の利用者に対して、契約上または契約外の義務を発生させたり、または黙示したりするものではありません。
 
本サイト内の情報は、ある利用者がその情報を閲覧している国や法域では法令に反するものであるかもしれません。''ウィキソース''はいかなる法令の違反も奨励しませんが、本サイトの情報はアメリカ合衆国フロリダ州にあるサーバに蓄積されているため、ウィキソースはアメリカ合衆国憲法修正第1条と国際連合の[[w:世界人権宣言|世界人権宣言]]のもとに与えられる保護に準拠して運営されています。その利用者のいる国の法令では、アメリカ合衆国の法令や国際連合憲章のもとの諸原則などと同等の範囲の、自由な言論の保護が認められていないかもしれないため、''ウィキソース''は利用者が本ドメインに接続したり、方法のいかんを問わず本サイト内にある情報の使用したりすることがそれらの法令に違反するおそれがあることについての一切の責任を負いません。
1,767

回編集