「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/205」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
雅樂の曲として作られたものではないといふ點は動かないであらう。明治の十年前後には、今のやうにピアノ、オルガンがなかつたので、古來の和琴を活用して保育唱歌の稽古に用ゐてゐる。かく和琴を使ふからといつて、直ちに雅樂とは言ひ{{異体字|&#64104;}}いのである。このやうに{{異体字|&#64058;}}譜といひ、和琴といひ、雅樂風の記載法や樂{{異体字|&#64056;}}を用ゐたのは、樂人の慣用手段に從つた迄のことであつたと考へられる。女子師範學校の幼童に敎へるにしても、樂部から和琴を持參して出敎授したし、そんなわけで、イ調だのニ調だのといふ代りに、壹越調とか盤&#28041;調とかの名で、その調をあらはしたもので、君が代に壹越調律旋とあつても、これは呼び名が雅樂風のいひかただといふに留まるので、&#20839;容まで雅樂だといふ意味ではないと考へる。
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
 
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
 なほ、君が代は、雅樂として宮中で演奏されて居るとよく言はれるが、古來、天皇の出御入御には、調子といふものが奏される例で、昭和九年二月十一日、時の樂長山井基淸氏の新案によつて、君が代に龍笛、篳篥、和琴を添へた新譜をととのへて奏したのが始めてである。先年の立太子式の時には、私か原案して、笙、篳篥、龍笛に、琵琶、箏、打物の譜を作り奏したが、歌曲を樂{{異体字|&#64056;}}で奏するので、誠に不滿足なものとなつてゐ
 
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集