「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/203」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
の事は一般洋樂とは、{{異体字|&#64095;}}しい差異であつて、洋樂は長短の二種音階によつてゐて、{{異体字|&#64056;}}樂も聲樂も音階に差異といふものがない。この點に、君が代が、雅樂か唱歌かの解明の鍵があると考へてゐる。
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">

<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
 明治の初年に、樂家の人々は、京{{異体字|&#64038;}}、奈良、天王寺から、東上を命ぜられた。高齡の人人は舊地に留つたが、主流は東京に移り、明治三年十一月、太政宮中に置かれた雅樂局(後の雅樂課)の職員となり、新らしい時代&#21373;ち歐化時代を迎へて、雅樂を傳承保存する傍ら、明治七年十二月に洋樂傳習の事を命ぜられ、洋樂にも親しむことになつた。その頃の音樂界の事は、これからなほ詳しく調べて書いて置かなければならない事だが、とにかく、雅洋兩面の&#30799;究で非常に忙しかつた明治十年九月に、東京女子師範學校攝理中村正直より公の依賴を受けて、保育唱歌並びに遊戲唱歌の作曲が始められた。私は、君が代が、このやうな時代に、右のやうな依賴によつて作曲された保育唱歌の集の中に在ることを知つて、君が代が、世に言はれるやうに雅樂であるか、私が言ふやうに唱歌であるかの證を立てたいと思ふのである。
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>

<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
 家藏の「保育唱歌箏和琴之譜」(明治十六年三月寫、芝祐夏自筆)や「保育唱歌上下」(書寫
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
</dd>
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
1,109

回編集