「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/202」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
この談話のやうに、樂部において幾人かの人が各&#12347;作曲して持ち寄り、調べてその中の一つが採られるといふ時に、樂長や代表{{異体字|&#64091;}}の名で出ることは、よくある事だといふのも事實なので、林廣守といふ事で世の中に通つてゐるのを、全くいけないといふ風に強く主張するつもりはない。
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">

<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
 私が申したいことは、實は、以上のやうなことではなく外のことなのである。
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>

<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
 それは、今の君が代が雅樂の曲として作曲されたものだといふ&#35498;についてである。林廣守も、その長男の廣季も、又奧好義も樂家の出であり、各&#12347;樂道の達人であつて、特に林廣守といふ人は、古來の三方及第といふ試驗法で滿票といふ成績であつた。だが、そのやうな人々の手になるものだから雅樂の曲だとしてしまふのは速斷である。私は年來、君が代は雅樂の曲ではない、唱歌だと考へてゐる。壹越調律旋と譜には書いてあるが、さう書いてあると言ふ事で、その曲が雅樂の壹越調だと考へてしまふのは早計である。
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>

</dd>
 雅樂には、笙、篳篥、龍笛、琵琶、鞨鼓、太鼓、鉦鼓で奏する管絃&#21373;ち{{異体字|&#64056;}}樂と、久米歌、大和歌、{{異体字|&#64025;}}樂歌などの歌曲とがあつて、{{異体字|&#64056;}}樂と聲樂は、その音階の本質を異にしてゐる。こ
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
1,109

回編集