「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/200」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
歳」(昭和七年七月初版刊)にのせてある記事が、その裏面の祕話として大體正しいであらうと思ふ。&#21373;ち奧好義の談話として
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
{{Quotation|「牛込御門&#20839;雅樂稽古所の玄關側に當直して居た晩の事であつた。廣季氏(林廣守氏の長男)と自分と兩人で相談して作り、廣守氏の名義にしておいたもので、實際の事をいふと、其の時には君が代の歌に譜を付けるといふだけの考で、それが國歌であるといふ事は知らずに作つたのであつた」}}
 
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
と記してある。
 
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
 
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
 私も父(芝祐夏)から、そのやうな祕話を聞いてゐるし、又奧好義は私の伯父にあたり、生前直接にそのやうな趣旨のことを、私に語つてゐた。和田氏の右の記事のやうに「當直してゐた晩」といふ細かい事は、その話に無かつたが、でたらめを言ふやうな人ではなかつたから、和田氏の記&#37636;されたやうな事情であつたと考へてよい。ただ、そのやうな事をはつきり證明する書きもの、たとへば日記とか覺え書とかの{{異体字|&#63952;}}は、あればよいのであるが、存在しない。私は伯父、つまり奧好義に申して、書き物が遺つてゐないか調べて貰つたこともあつたが、丹念な人であつた伯父にも、その
 
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集