「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/196」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
されば、この歌は一千有餘年の昔から我々の生れぬ前から傳はり傳はつて世々歌ひ來つた歌で耳慣れてゐるといへばこれほど耳慣れてゐる歌は他にはあるまい。而してその曲譜も亦日本民族の古來傳へ傳へて來た旋律に基づいたものである。かやうに詞章も曲譜も日本民族の情操の琴線を動かすべき質と力とを有するが故に、我々が之を聽くとき、言語に絶した至純の感興が油然とおのづから湧き出でて殆ど堪へ{{異体字|&#64104;}}い程の感銘を享くるのである。かくの如くであるから、公式に國歌と定めて國民に強制したといふ事實も無く、又之を用ゐつゝも學校などに對して國歌と唱へよと命じたことも無く、いつとなく上下一致して國歌と認めてしまつたのであらう。これこそ民族の歌國民の歌といふべきものである。今日以後誰あつて之にかはるべき歌を作り得べきであらうか。私は斷じてさやうなことは出來ぬと信ずる。
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集