「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/195」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
示してゐると見られずにはゐないであらう
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
 
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
 惟ふに國歌としての性格は一般國民に&#21373;ち上下の階級を超越して誰にでも容易に通用せらるゝ普遍性と、國家の古今に通じて易らざる永久性とが具有せられてゐなければなるまい。而してその普遍性と永久性とは詞章の上にも曲譜の上にも存しなければならぬものであらう。今この「君が代」の歌は、詞章として形は簡素であるが、俳句の樣に短かすぎはせず、又近世の端歌のやうに俗習が無くて品格が高くて、しかも民族的普遍性を有し、その上古今を通じて一千有餘年日本民族の歌として上下に通じて用ゐられて來たもので、この歌を措いて國歌となりうる素質のある歌は無い。その上彼の林廣守の加へた曲譜も民族固有の旋律を具現し簡素にしてしかも中外の{{異体字|&#64056;}}樂にも適し、又國民一般の唱歌として雅正にして&#28331;和、大國民たる襟度を表する洋洋の聲がある。この詞章とこの曲譜と相待ちて眞に日本の國歌たるの實を具備するものである。この歌は我々の{{異体字|&#64080;}}先代々一千有餘年耳馴れて來た歌である。我々が生れてからの生年が十年、二十年に過ぎぬ場合でも、體&#20839;の血や、その血にやどれる心は幾千年來の昔から傳はつたものである。
 
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集