「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/193」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
一般に行き亙つて支持せられて來た固有の{{異体字|&#64081;}}賀の古歌に加ふるに日本固有の旋法によつた雄健豪壯純朴簡素にして、しかも雅正にして東西の音樂に通じて悖らぬ曲譜を加へ得たこの「君が代」の歌は眞に日本の國歌としての形質を十分に備へたものといふべきであらう。
 
  +
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
 
  +
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
 茲に私は再び「君が代」の歌が國歌となつたその實質に就いて言を繰り返すことにする。「君が代」の歌は古來上下一般に行き亙つた古歌であるから國歌たるにふさはしい歌である。しかしながら、單にそれだけでは國歌とはなり得ない。國歌は唱ふべきものである。その一定の曲譜があつてはじめて國歌たる實質を備へたといふべきである。而してその曲譜は一般の人々が共に唱へうべく簡明にして、しかも國民共通の想を寓するに足るべきもので無くてはならぬものである。この意味に於いて今の「君が代」に加へられた曲譜はまことに日本國歌たるにふさはしいものであり、その曲譜の制定こそは國歌一定の{{異体字|&#63753;}}機となつたものである。かやうな一定の普通的の曲譜の加へられない限り「君が代」の歌は歌としては國民歌といはるべきものとしても唱へらるゝ國歌とは成り得ないのである。それ故
 
  +
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
  +
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
  +
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
  +
</dd>
  +
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
  +
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
  +
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
  +
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
 
1,109

回編集