「Page:Kimigayo-no rekishi (Yoshio Yamada).pdf/192」の版間の差分

copyvio
(君が代の歴史から分離)
 
(copyvio)
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
<!-- 削除についての議論が終了するまで、下記部分は除去しないで下さい。 -->
<noinclude><blockquote class="toccolours" style="float:none; padding: 10px 15px 10px 15px; display:table;"><div></noinclude>曲がどこまでも壹越調律旋の特性として壹越を以て曲の旋律を起止せしめることに重きを置いて作られたものであるといふことを十分に理解して、この點に於いても和琴の調絃法に傳へられた我が古樂の眞性がよく發揮せられてゐることを深く腦裡に刻み込んで頂きたいと思ふのである。</div></blockquote>
<dl style="font-size:smaller;border:solid #999 1px;width:75%;background:#eff;padding:1ex 1em;margin:0 auto 1em;">
といはれたのでも明かであらう。伊庭孝氏の日本音樂{{異体字|&#64062;}}論には「日本音樂の音律の篇の第五章「雅樂の六調」のうち『「君が代」と「越天樂」と』といふ項に
<dt style="text-align:center;font-size:130%">'''削除提案中'''</dt>
{{Quotation|雅樂の旋調の理解を容易ならしめる爲めに作例を以て&#35498;明しやう。まづ萬人周知の國歌「君が代」を例とする。是は明治になつて伶人林廣守の新作したものであるから、古典的な雅樂旋法の例としては不適當だといふ非{{異体字|&#64104;}}があるかも知れないが、旋律の雄健豪壯にして純朴簡素なる事に於て日本の國ぶりを能く發揮するものであり、雅樂としては峻嚴なる美學的批判に堪ふ可きものであるので敢て之を例に擧用する次第である。}}
<dd style="float:left;width:50px;margin:0;padding-bottom:10px">[[Image:Icono_aviso_borrar.png|50px|]]</dd>
と云つてゐる。この言によつてその曲の雄健豪壯にして純朴簡素、しかも雅樂として嚴正なものであることを知るべきであらう。一千二百年前から國民の上下
<dd style="margin:0 0 0 60px"><p>現在、この項目の一部の版または全体について、[[Wikisource:削除の方針|削除の手続き]]に従って、削除が提案されています。</p>
<p>削除についての議論は[[Wikisource:削除依頼#{{#if:|{{{1}}}|{{FULLPAGENAME}} - ノート}}|削除依頼の該当のセクション]]で行われています([[{{TALKPAGENAME}}|このページのノート]]も参照して下さい)。削除の議論中はこのお知らせを'''除去しないで'''下さい。</p>
</dd>
<dd style="margin:0;clear:left">'''この項目の執筆者の方々へ''': まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、[[Wikisource:削除の方針|削除の方針]]に該当するかをどうか検討して下さい。</dd>
</dl>__NOINDEX__ [[Category:削除依頼中の記事]]
<!-- 削除についての議論が終了するまで、上記部分は除去しないで下さい。 -->
{{Copyrights}}
フッター(非読み込み):フッター(非読み込み):
1行目: 1行目:
<references/>
1,109

回編集